ベランダで野菜を育てよう葉ネギ

葉ネギを育てるガーデニング

薬味の定番。こまめに収穫することで長く楽しめる

鍋の材料になるような千住ネギや下仁田ネギのように、根が地中深く育つ長ネギに対して、細い葉が地表に大きく発達するネギのことを葉ネギと呼びます。白い部分が少なく、株全体が緑色です。長ネギに比べると葉や根はともに細身で柔らかく、比較的臭みがないため、うどんやそば、冷奴、もつ煮などの薬味や彩として添えられることが多いネギです。葉丈が30~40㎝という小ネギの状態で収穫しても十分美味しくいただけます。あらゆる料理のアクセントになるので、常備しておきたい野菜のひとつ。ベランダに常にあるととても便利です。

葉ネギには、カロテン、ビタミンCなどの栄養がたっぷり含まれています。さらに香り成分のひとつである「硫化アリル」は血液をサラサラにする作用を持ち、ビタミンB1の働きを活発にして血糖値を下げてくれる作用もあります。ただし硫化アリルは水にさらしたり熱を加えてしまうと逃げてしまうので、葉ネギは生で使うのが栄養的にも一番といえそうです。

大型の長ネギはコンテナで育てるには深さに無理がありますが、葉ネギなら手軽です。とても生命力が旺盛で、寒さや暑さに対する耐候性もあります。栽培には十分な日照が必要ですが、半日日陰のところでも比較的すくすくと育ちます。葉の部分だけをていねいに摘み取れば、次々と葉が再生して繰り返し収穫できるのもうれしいですね。

ミズナを育てよう

Step1 種まき

5リットル程度の小型のプランターを用意します。培養土は市販の野菜用で十分です。10㎝間隔に種の条まきをします。かぶせる土の厚さは5㎜程度です。寒い季節に種まきした場合は保温のためにビニールフィルムなどを覆っておくと安心ですが、中が蒸れないように少し換気用のすき間を開けておきましょう。

Step2 発芽

5日ほど経つと芽が出てきます。発芽まではハンドスプレーでこまめに水やりをして乾かさないようにしましょう。発芽後は日当たりのいい場所に置き換えます。種をまいた直後は発芽までたっぷりの水が必要ですが、その後は土が乾いてきたときに水やりをします。

Step3 間引き

本葉3枚までに株間を3~5㎝になるように間引きます。

Step4 収穫

抜き取って収穫する方法と、地表から5㎝ほどの部分で必要な分だけ切り取り、再び葉を伸ばして収穫する方法があります。葉を切り取るにはハサミを使うと便利です。育成期間が長いので、約1か月を目安に肥料切れし始めるころから、500倍に薄めた液肥を2週間に1回をめどに施しましょう。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る