ベランダで野菜を育てようミニニンジン

ミニニンジンの栽培ガーデニング

ミニタイプだからこそ、栄養丸かじり

ニンジンは、お料理に彩を添え、火を通しても生でもおいしくいただける野菜です。栄養的にも、βカロテンは野菜の中でもトップクラスの含有量。イオウ、リン、カルシウムも豊富です。ベランダ栽培には、深さ20cm以下のコンテナでも育つミニニンジンがおススメです。根の深さが12~15㎝程度の「ベビーキャロット」や「金港四寸」などの品種があり、ちょうど手のひら大ぐらいの可愛らしい姿で収穫を待ちます。

栽培のポイントとなるのが発芽です。ミニニンジンの種は「光好性種子」といって、光が当たることで発芽が促される性質を持っています。発芽まで日当たりのいい場所に置き、土を乾燥させないことが大切です。種をまく時期も重要です。春まきの場合は、根が育ちにくいことと、生育後半に根の肥大期が高温・乾燥期にあたってしまうので、対策をしなければなりません。また夏まきでは、晴天が続くと高温・乾燥で発芽率が低くなってしまうため、梅雨が明ける少し前、乾燥しにくい時期がおススメです。夏まきの方が比較的失敗が少ないようです。根が曲がったり、二股に分かれることを防ぐことに注意しながら、深さが十分なコンテナを使用します。よく熟した腐葉土を、種まきの1か月くらい前、培養土全体の20%程度混ぜておくと根はまっすぐに伸びていきます。

ミニニンジンを育てよう

Step1 種まき

5リットルのコンテナを用意し、市販の野菜用培養土を入れます。または土10リットルあたり苦土石灰7.5gと化成肥料15gを混ぜたものを使います。湿らせた土の表面に、10㎝間隔、深さ1㎝の溝を掘り、重ならないようにして種をまきます。

Step2 土で覆う

ミニニンジンの発芽には光が大切です。そこで土で覆う時には薄めにし、種が見え隠れする程度にしておきます。ここで厚めに土をかぶせてしまうと発芽率がグンと悪くなってしまいます。

Step3 発芽

1週間程度で発芽します。ミニニンジンの種は吸水しにくく、かぶせた土も薄いので、発芽まではこまめな水やりを忘れないようにしましょう。梅雨明け後に種をまく場合は、プランターを新聞紙でくるんでやると水分蒸発を防げるので、発芽させやすくなります。

Step4 間引き

間引きは3回に分けて行います。1回目は子葉が開いたら混んだ部分を間引きします。2回目は本葉が2~3枚のときで、株の間が3㎝になるように間引きます。3回目は本葉が5~6枚のとき、生育のよい株だけを残し、5~10㎝間隔に間引きします。3回目の間引きの時に化成肥料を少量、条間に追肥してあげましょう。

Step4収穫

ミニニンジンは種まき後、およそ100日程度で収穫できます。収穫期の前は根が十分肥大するまでは株が倒れやすく、肥大してからは土から出ている部分が緑になってしまうので、土寄せを数回行うようにしましょう。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る