バラ・キンモクセイ・アジサイの育て方

バラの育つ ガーデニング

ガーデニング初心者の方は、花や植物の育て方の知識を習得しましょう。

数ある花や植物の中から、「バラ」、「キンモクセイ」、「アジサイ」の育て方についてピックアップして紹介します。

1. 「バラ」

・バラの苗、「新苗」、「大苗」について。

「新苗」は、4〜6月頃にポット入りで売り出されます。

新苗は、苗が小さいため扱いには注意が必要です。

「大苗」は、新値より大きめの苗になります。秋〜翌春頃までの間に売り出されます。

これらのことを考慮すると、12月頃に買い求めるのが良いと言えます。

・苗の選び方は?

苗の選び方には3つのポイントがあります。

・新鮮な苗であること。

・しっかりしていてよくしまった苗であること。

・病害虫のない健全な苗であること。

・バラを育てる上で大切な日当たり、風通し、水はけ、について。

バラは、丈夫な植物です。条件が良ければ良く育ちます。

日光が好きなので、直射日光が1日に3〜4時間程度は当たるような場所で育てましょう。

また、風通しが良くて水はけが良い場所に植えましょう。

2. 「キンモクセイ」

・キンモクセイの苗について。

キンモクセイは、丈夫で育てやすい樹木です。

しかし、初期生育が遅いので、庭に植えるのは5〜6年程度経過した苗が良いです。

植え付けは、成長の始まる3〜4月ごろが良いです。

日当たりと排水の良い場所に植えるようにしましょう。

・剪定について。

キンモクセイを好みの樹形に育てたり、伸びすぎを抑えるために剪定をしてください。

キンモクセイは、春頃に伸びた枝に8月ごろ花芽が形成され始めます。

約2ヶ月ほどで開花します。

そのため、春の成長前か開花後に剪定しなければ、キンモクセイの花が咲きません。

キンモクセイは美しい花を咲かせるので、これらのことを理解した上で育てることをお勧めします。

3. 「アジサイ」

・特徴について。

アジサイは、日本に自生していた花木の改良種です。

害虫や病気に強いです。花の色は、鮮やかな水色、薄紫、ピンク、白があります。

アジサイは梅雨の時期に開花します。

そのため日当たりを気にせずに育ててしまいますが、日当たりを好みます。

そのため日当たりの良い場所に植えましょう。

・管理について。

葉が大きく、水が蒸発しやすいです。

特に、容器栽培ではこまめに水をやってください。

用土の酸度が花色に影響してしまうため、土にピートモスなどを加えてください。

赤系は、アルカリ性の苦土石灰を少量加えることで対処できます。

いかがでしたか?

「バラ」、「キンモクセイ」、「アジサイ」を育てようと考えている方は、

これらのことを学んでください。

学ぶことで、ガーデニング初心者でも失敗する確率を減らすことにつながります。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る