サボテン水栽培の作り方と魅力

ガーデニング
サボテンは水をほとんど必要としないから、育てるのが簡単。逆に水遣りをしすぎる根腐れして枯れてしまう…というのは昔からよく聞く話です。ところがそんな常識を覆すサボテンの新しい栽培方法があるのです。「水栽培」聞けばすぐに、ヒヤシンスなどでよく見かける水だけで育てる遣り方だと、感の良い人なら気づきますよね。それがサボテンでできるなんて!?そう、海外ではかなり知名度を上げているサボテンの水栽培。水だけでなぜ腐らないのか?めりとは?作り方は?さまざまな疑問に応えるべく、その魅力を紹介していきます。

意外に簡単?

そもそもサボテンが枯れてしまうのは、水をあげ過ぎているから、ではありません。サボテンの根は水分を吸収しづらい構造になっているため、土のなかに水分が長く残った状態になると腐ってしまい、雑菌が繁殖するからなのです。水栽培ならば、この雑菌、そして虫の繁殖を抑えることができるので、より衛生的な環境でサボテンを育てることができるのだとか。大半のサボテンは水を好み、水栽培用の器に移すとその環境に適応します。

新たな驚き

水栽培の斬新な点は、何といってもサボテンの「根」がみれることです。土から上の姿が個性的で売りだったはずのサボテン、根を見たことがある人はそんなにいなかったかもしれませんね。不透明な鉢に納まっているのが当たり前だった状態から、クリアで主張のあるインテリアアイテムへと変貌するので、なにか新しいガーデニングを始めたいと思っている人にも最適な植物かもしれません。

作り方

(1)サボテンを土から抜き、土は処分してしまいましょう。 (2)サボテンの本体を傷つけないように、根をキレイに水洗いしたら、なるべく短く切って数日間乾かします。 (3)サボテンを入れる透明な容器と、サボテンの根を水に浸けつつ本体が浸からないくらいの高さになるように、透明なペットなどに孔を開けたものを用意します。人によってはネットやなどを利用する方もいるようです。 (4)サボテンをセットして完成

まとめ

今までは乾いた土の上に置かれていた「乾燥地帯の植物」然としていたサボテンが、瑞々しい存在に見えてくるから不思議です。しばらくすると、サボテンからひょろひょろとした根が出てくるので観察してみましょう。これは環境に適応している証拠です。容器はフラスコやビーカー、テラリウム用のガラス容器なども使えますが、プリンやジャムの空き瓶を使ってリーズナブルに楽しむのも一興。日常にささやかな喜びをもたらしてくれるので、是非お試しください。水は週に1回は変えるようにするれば大丈夫です。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る