ガーデニングのハーブについて

ハーブの栽培 ガーデニング

ガーデニングをする際に、ハーブを育ててみたいと考える人も多いはずです。

ほとんどのハーブは、水はけや、水もちのよい土で育ちます。

このような土にするためには、粒の大きい土、粒の小さい土、腐葉土を混ぜます。

現在は、専門家がブレンドしたハーブ専用の培養土が売られています。

これらを利用することで、容易にハーブを育てられます。

また、ハーブの栽培に適している鉢は、素焼きの鉢になります。

素焼きの鉢は、通気性、排水性に優れています。

水が多すぎる場合は、側面から蒸発し過失を防ぎます。

プラスチックや陶器を使用する場合は、排水性の良い土を増やしましょう。

1. 苗からの栽培について

ハーブは、種でも苗でも園芸店やホームセンター、等で購入することができます。

ほとんどのハーブは、種から栽培できます。

しかし、管理や間引きなどの労力を考えると苗から育てたほうが簡単です。

苗を植えるのは、春がお勧めです。春に植えることで、

夏から秋まで花や収穫が楽しめます。

ハーブの苗の基本的な植え方ですが、

鉢の底の穴にプラスチック網などのネットを敷きます。

底が見えなくなるくらい大きい粒の土を入れます。

このようにすることで、水はけがよくなります。

高さに合わせて土を入れていきます。苗の根元の高さを周りの土か、

やや高めに設定します。植え付け後は、苗が弱ってしまいます。

雨風の当たらない日陰に2〜3日ほど置いてください。

2. 「ハーブの水やり」と「温度」について

・「ハーブの水やり」

多くのハーブは、乾燥に強いです。

水をやりすぎてしまうと根が窒息して枯れてしまいます。

水やりは、指を土の中に入れて第一関節まで乾いていたら、

鉢穴から流れ出るほど水をあげます。午前中に水やりをすることをお勧めします。

・「最適な温度」

ほとんどのハーブは、日の当たる場所でよく育ちます。

適温は、15度〜25度です。ハーブは暑さに強いですが、

コンクリートなどの上に置いてしまうと、温度が上がり、根が傷んでしまいます。

3. 「適した肥料」について

・「ハーブに適した肥料」

本来なら肥料を与え過ぎてしまうと芳香を損ないます。

しかし、鉢植えの場合は水やりを行う際に肥料分が流出します。

定期的に肥料を補うようにしてください。

10日に1度は、薄めた液肥を与えてください。

ハーブの多くは、夏の終わり頃まで収穫が続けられます。

いかがでしたか?

ハーブを育てたいと考えている方は、

このような、ハーブの特徴を知ることで美しい元気なハーブに育ちます。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る