ガーデニングに欠かせない農薬を学ぶ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

農薬にはさまざまな種類がありますが、殺虫剤や殺菌剤、殺虫殺菌剤、除草剤、殺そ剤、植物成長調整剤、その他などがあります。(その他とは農薬肥料、殺虫・殺菌植調剤、忌避剤、誘引剤、展着剤のことを指します)その中でもおもにガーデニングに使われる、昆虫類や菌に対して効果のある園芸用の農薬について説明します。

農薬の種類

ガーデニングに使われる農薬について

殺虫剤

植物や樹木に被害を与える昆虫類を殺虫したり被害を防いだりします。

殺ダニ剤

植物や樹木に被害を与えるダニ類を殺虫したり被害を防いだりします。

殺線虫剤

根の表面や組織を食い荒らす線虫類を殺虫したり被害を防いだりします。

殺菌剤

植物や樹木に付いた植物病原菌(糸状菌や細菌)を殺菌したり被害が広がらないように防ぎます。

除草剤

雑草類を防除する

殺虫殺菌剤

殺虫成分と殺菌成分を混合してあり、害虫と病原菌を同時に殺虫・殺菌でき、被害の拡大を抑えます。

農薬の有効成分

おもな有効成分について

殺虫剤・殺ダニ剤

●科学農薬
有機リン系のジノテフラン・MEP・アセフェート、合成ピレスロイド系のペルメトリン、エトフェンプロックス、ネオニコチノイド系のクロチアニジンなどがあります。

殺菌剤

●科学農薬
TPN、マンゼブ、マンネブ、メパニピリム、キャプタン鉱物性微粉等などの予防効果がある成分とトリホリン、キノキサリン、トリフルミゾール、テトラコナゾールなどの殺菌して菌を広げない成分のあるものとがあります。

●抗生物質
ポリオキシン複合体、カスガマイシン、バリダマイシンがあります。

散布の仕方

農薬にはそのまま撒くタイプのものやいったん水に溶かしてから散布する粒剤タイプのもの、水で希釈してから使う液体タイプや水和剤タイプのものがあります。ガーデニングではおもにそのまま撒ける粒剤や希釈して使う液体タイプの農薬が主流です。

粒剤

土に直接撒いたり土に混ぜ込んで使います。浸透移行性のものが多く根から植物が有効成分を吸い上げることで効いていきます。
<薬剤例>
・スターガード粒剤 アース製薬
・オルトランDX粒剤 住友化学園芸
・HJブルースカイ粒剤 ハイボネックスジャパン
など

乳剤

水に希釈して使用します。コンパクトで経済的なことが特徴です。散布の際にはしっかりと吹き付けられる水圧が必要になってきます。水圧があるほうが散布範囲も広くなりまんべんなく散布することができるのです。そのためにはスプレー容器を使います。農薬散布用のスプレー容器にはノズルの先端に絞り機能がついているので調整ができて便利です。
<薬剤例>
・オルチオン乳剤 住友化学園芸
・ベニカX乳剤 住友化学園芸
など
散布の仕方は、スプレー容器に薬剤と水を入れてよく混ぜ合わせて散布していきます。加圧のかけられる容器の方が手が疲れることもなく散布できるのでおすすめです。害虫は葉の裏に潜んでいることが多いので、葉の裏側までていねいに散布しましょう。

そのまま散布

園芸用の農薬は大量に使用しないことからそのまま散布できるものもあります。スプレーボトルのまま売られていますから買ってきてすぐに使用できるので、手間がかからずに便利です。植物の種類別や害虫の種類、植物の病気別に発売されているので適したボトルを選び使用してください。
<薬剤例>
・スターガードプラスAL アース製薬
・ベニカXスプレー 住友化学園芸
など

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ