アツい食材「パクチー」の魅力

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

パクチーは、独特の香りがあり人により好みが分かれる食材のひとつです。最近は、パクチーの愛好家が多く増加しておりアツい食材として注目されています。

1. パクチーについて

パクチーは、タイ語です。英語では、コリアンダーと呼ばれています。ヨーロッパでは主に趣旨が使用されます。アジアでは葉が香味野菜として使用されます。

中国料理やタイ、ベトナム、などの料理を食べればパクチーの生葉が使用されています。この独特の青い香りは、人により好みが分かれます。苦手としている人も多く存在します。

パクチーの歴史は古いです。古代ギリシャのヒポクラテスが健胃、催眠作用があると利用し、ヨーロッパに広まりました。江戸時代の日本では、食用ではなく薬用として使用されていたようです。

葉も種子も肉料理などの臭み消しに効果的です。様々な香り成分は健胃作用があるとされています。

2. 無農薬・無化学肥料栽培のパクチー農家

現在、パクチーをはじめとする野菜を有機無農薬で栽培する取り組みが行われています。パクチーを出荷している農家で無農薬・無化学肥料により栽培している農家はほとんど見られませんでした。

パクチーは、独特な香りがするため害虫がつきにくいです。

無農薬で栽培されるパクチーは、甘みがありパクチーが苦手な方でも食べやすいそうです。

3. 人と畑がつながる

パクチーは、人により好き嫌いがハッキリしています。しかし、パゥチー愛好家の方もいらっしゃいます。好き嫌いがハッキリ分かれるために魅力に虜になるとハマってしまいます。

現在は、フレンチ料理にパクチーが使用されるなど、新しい取り組みがなされています。他には、パクチー女子会をコンセプトとして女性をイメージした華やかなパクチーを使用した料理などが出されています。

パクチーの葉や茎、根などを丸ごと使用した料理は、多様なべ方とパクチーの持つ可能性が広がるきっかけになります。また、作り手とシェフ、消費者の顔が見える関係につながります。

いかがでしたか?

パクチーの葉と未熟果の種子の香り成分は、カプリアルデヒドで完熟した種子は、レモンやセージ、アニスのような香りがしてコリアンドロールという香り成分に変わります。

パクチーは、昔から薬用として使用されていましたが、人間への有効性については科学的な検証が十分ではないとして、これからの研究成果に期待が寄せられています。

そもそもパクチーは、薬ではないので期待せず美味しさを楽しみましょう。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る