ちょっと待って 買う前に健康な植物を選ぶポイント

健康な植物を選ぶポイント

よい植物を買うには、よい店を選ぼう

コンテナやハンギングバスケットで寄せ植えを楽しむ場合、苗から購入するケースも多くなるでしょう。まずは丈夫なポット苗を選ばなければなりません。よい店を選ぶポイントは、植物の世話が行き届いて、種類や数が多く、植物に名前や育て方の書いてあるタグがついているかどうかなどのチェックポイントがあります。さらに、店の人が親切にいろいろ相談に乗ってくれるところを選びます。アルバイトなどを雇っているホームセンターはあまりおススメできません。気に入ったお店を見つけたら、なるべく同じお店を利用するようにすれば、困ったときなど適切なアドバイスが受けられます。

一、二年草の苗の選び方

株が丈夫でしっかりとして、葉色も新鮮で葉数が多いものを選びましょう。株全体のバランスが悪く枝が徒長してひょろ長いもの、グラグラするもの、葉に縮れやカビ、病斑のあるものは避けます。またすぐに作りたいときには、花が多くつているものを選びがちですが、花よりもつぼみがたくさんついている方が長く楽しめます。

多年草の苗の選び方

多年草の苗には、種子から育てた苗と株分けした苗の2種類があります。いずれにしても徒長していないもの、葉が生き生きとしていて根元がしっかりしたものを選びます。用土の表面にコケや雑草が生えているものは、長くコンテナ栽培をされていたためですから避けましょう。

球根の選び方

ふっくらとしていて、見た目よりも重量感のあるもの、表面にカビや傷などがないものを選びましょう。触ってみて、柔らかかったりしなびているようなもの、根や芽が生えてしまっているものは避けましょう。植えつけるまでは、できるだけ涼しくて乾燥した場所に保管しておきます。

観葉植物の選び方

観葉植物は1年中購入することはできますが、生育期の4月から9月にかけて購入するのがいいでしょう。葉の色つやがよく、下葉がついており、株全体のバランスのよいものを選びましょう。鉢を持ち上げて横や下から見てみましょう。虫がいたり、葉枯れ、根元がぐらついていないか入念にチェックしましょう。

樹木の苗の選び方

株の善し悪しが将来の樹形に影響してくるのでよい株を選ぶようにしましょう。樹木の幹がまっすぐ上に伸びているものがベストです。曲がったりねじれたりしているものは、そのまま成長していき樹形が悪くなります。葉や茎の表裏をよく調べて、病虫害の有無もチェックしましょう。

樹木の場合は、鉢底から根が見えるくらいの根のしっかり張ったものを選ぶようにしましょう。鉢に雑草や苔が生えているものを選べば、鉢上げしてから時間が経過しており、根がしっかりしている目安になります。

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る