じゃがいもを育ててみよう

じゃがいもを育てみるガーデニング

肉じゃが、ポテトフライ、ジャガバターなどなど、煮ても、揚げても、焼いても、蒸しても美味しいじゃがいも。家庭菜園でも比較的簡単に作ることができるので、是非ともチャレンジしてみたいですよね。

また、じゃがいも栽培の嬉しいところは、春作と秋作ができますので、ご自身と菜園の都合に合わせて、春か秋、どちらか一方を選んで育ててみてはいかがでしょうか。

ただし、じゃがいもはナス科の植物なので、同じナス科のナスやトマトなどをここ2年植えたことがある場所は避けましょう。場所が選べるのであれば、この先しばらくナス科の植物を植える予定のない場所で栽培しておくと良いです。

~準備~

植える1ヶ月前には、土をよく掘り返し苦土石灰を混ぜ合わせておきます。じゃがいもは酸性にも強いので、苦土石灰は少し控えめ気味で十分です。

種イモを用意します。スーパーなどで売られているじゃがいもで栽培することも可能ですが、病気にかかっていることがありますので、出来れば種イモとして売られているものを用意しましょう。

~種イモの植え付け~

春作の場合は、2月から3月頃に植え付けます。その際、種イモを半分くらいにカットします。カットする時には、芽の数が同じくらいになるようにしてください。

秋作の場合には、8月下旬から遅くとも9月上旬には植え付けます。その際、種イモはカットせず、そのまま使います。この時期に種イモをカットしてしまうと、暑さでイモの断面が腐敗する可能性が高くなります。その後の生育にも影響しますので、秋植えの場合にはそのまま使いましょう。

~植え付け後の管理~

1ヶ月もすると、草丈が10センチくらいに成長します。この時に芽かきをしておきます。一つの種イモに残す茎は2本くらいにします。成長の良い元気な茎を残し、あとは引き抜きます。こうしておくと、小さなイモばかりたくさんできてしまうような事態を避けることができ、大きなじゃがいもを収穫することができるのです。

新しいじゃがいもができ始めると、地上部にいもの一部が顔を出してしまうことがあります。日光にあたってしまうと緑色に変色してしまうため、適宜土寄せを行い、常に土に覆われている状態を作っておきます。

水やりですが、植え付け当初はたっぷりとやり、その後はほとんど必要ありません。プランターの場合は、土の表面が乾いたら水をやり、乾燥気味に育てるようにします。

~収穫~

葉が黄色く枯れてきた頃が、収穫の目安です。いもを傷つけないように試し掘りし、十分な大きさに育っていたら収穫しましょう。

掘り起こしたじゃがいもは、直射日光の当たらない風通しの良いところに広げて乾燥させます。完全に乾燥させると、2ヶ月ぐらいは保存できます。

 
じゃがいもはトマトやナスなどとは違い、地上部に実ができ適宜収穫できるわけではありません。だからこそ、最後掘り起こしてまとめて収穫するのはなんとも言えず楽しいものです。春と秋の年2回、食べきれないほどのじゃがいもが収穫できたらいいですよね。

 

人気の通信教育はこちら

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る