肥料と花の病気について

園芸用肥料 ガーデニング

ガーデニングを行う上で欠かせないのが肥料です。

また、育てていく上で気になるのが花の病気です。

これらについてご紹介します。

1. 肥料の名称と詳細について

・「無機肥料」

化学的に作られた肥料で効き方をコントロールしやすく、

効き目を長時間持続させることができます。匂いが少なく清潔です。

・「有機肥料」

骨粉など動物質、植物質を原料とした肥料です。

自然に優しく土の中で分解された後、じわじわと効果が出ます。

そして、土質も良くなります。

・「緩効性」

一度与えると長時間穏やかに効き続けるタイプです。

元肥や置肥などが存在します。

・「遅効性」

与えてから植物に吸収されるまでに時間がかかり、

その後、ゆっくりと効果が持続します。有機質肥料がこのタイプです。

・「速効性」

与えると直ぐに効果が現れます。液肥がこのタイプになります。

2. 肥料の3要素について

・「葉肥」

葉緑素を作る上で大切です。生育初期の生育期に必要な成分です。

「不足した場合」は、葉色が悪く黄変して古いものは落ちます。

そして、茎の伸びが悪く、花数が少ないです。また、形が小さく色が悪いです。

「過剰になったとき」は、葉が大きくなりすぎて、色が濃いです。

茎が伸びすぎて倒れたり、病気や害虫に侵されやすいです。

花芽が形成される時期に多すぎると花芽ができにくくなります。

・「花肥、実肥」

細胞のタンパク質や貯蔵養分を作ります。根の伸長促進と花や実の充実に不可欠です。

「不足した場合」は、根の伸長が悪くなります。そして、葉肉が薄くなります。

着花や結実が悪くなります。

「過剰になたっとき」は、障害はほとんどありません。

・「根肥」

炭酸同化作用を盛んにします。でんぷんを作り繊維を丈夫にし、花、果実、

球根を太らせます。寒さや暑さに対する抵抗力をつけます。

「不足した場合」は、茎や葉が柔らかくなり、弱くなって、

病虫害にかかりやすくなります。

「過剰になったとき」は、葉や茎が堅くなり、もろくなります。

カルシウムやマグネシウムの吸収を悪くします。

3. 元肥と追肥について

・「元肥」

植物の植え付け、植えかかる時に必要な肥料です。

植物が成長する上で、肥料切れを防ぎます。

・「追肥」

植物を育てていく途中で不足した栄養を補給する肥料です。

成長の旺盛な植物や次々と花を咲かせる植物に欠かせません。

いかがでしたか?

ガーデニングをする上で、土の肥料についての知識は欠かせません。

これらを学ぶことで、元気の良い植物や美しい花を咲かせることにつながります。

是非、参考にしてください。

人気の通信教育はこちら

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る