秋の節句を祝ってみよう

重陽

秋の節句

皆さんは秋の節句をご存知ですか?

3月は上巳(じょうし:桃の節句と言ったほうが馴染みがあるでしょうか?)、5月は端午、7月の七夕(しちせき)、そして1月の七草も「人日(じんじつ)」と言って節句のひとつです。

そして実は9月にも「重陽(ちょうよう)」と言って節句があるんです。

もともと節句は年間にわたり複数存在しているんですが、人日、上巳、端午、七夕、重陽の5つを江戸時代に徳川幕府が公的な行事として定め、現代にも馴染みのあるものとして残っています。

馴染みがある、と言っても、9月の重陽の節句は他の節句と比べるとあまり知られていませんよね。

そこで、今回はこの重陽の節句について少しお話ししてみたいと思います。

重陽の節句ってなに?

重陽は旧暦の9月9日にあたります。

古代中国の陰陽説では奇数は縁起の良い陽の数と考えられていました。

そのため、最も大きい陽の数「9」が重なる9月9日はとてもめでたい日とされ、平安時代のころより多くの宮中行事が行われていました。

菊の節句

重陽の節句はちょうど菊の咲く季節。

そのため「菊の節句」とも言われています。

菊は古くから邪気を祓うものとされ、菊を使った日本独自の風習が生まれました。

その一つが「被綿(きせわた)」です。

節句の前夜に菊の蕾に真綿を被せ、一晩露にあてます。

そして、翌日。

菊の香りを移したその真綿で体を拭いて邪気を祓い清めるというもの。

そしてもう一つが、長寿を願い菊の花を浸したお酒「菊酒」を飲んでいたそうです。

神仏だけでなく、自然も信仰の対象としていた日本らしい風習ですよね。

重陽の節句を楽しもう

新暦になり季節がずれてしまった今では、存在が薄くなってしまった重陽の節句。

そんな重陽の節句を今年は祝ってみませんか?

まずは部屋に菊を飾ってみましょう。

華道の世界では今でも9月9日は大切な日とされ菊だけを使った生花をいけます。

菊の花って仏様にお供えする花だから・・・と考えがちですが、今では可愛らしい西洋菊がたくさんあります。

そんな菊だったら、部屋にちょっと飾ってみようかなと思えませんか?

次に美味しい食事を準備してみよう。

9月は収穫の時期にあたるため庶民の間では「栗の節句」としてお祝いをしていたそう。

栗といえば栗ご飯。

菊花酒は準備できなくても栗ご飯は準備できそうですね!

いかがですか?少し節句の雰囲気を味わえそうですか?

それでも準備するのが面倒だし、時間に余裕がないという方。

そんな方は近くの神社に行ってみてください。

重陽の神事が行われていたり、菊酒のお接待があったり。

また、菊の品評会と称して多くの菊が飾られています。

よくわからなくても、形がきれい、色が素敵・・・など、ひとつお気に入りの花を見つけてみませんか?

そして神社からの帰りに美味しい秋の味覚を食べれば、これでもう十分節句のお祝いになりますよ。

せっかくの風情のある伝統行事です。

日々の生活に少し季節感を取り入れ、昔の人の気持ちに思いを馳せてみませんか?

人気の通信教育はこちら

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る