知ってるだけで違う!花の特徴を活かしたフラワーアレンジメントのコツ

知ってるだけで違う!花の特徴を活かしたフラワーアレンジメントのコツ

いろいろな花を集めて、より美しく見せるフラワーアレンジメント。おしゃれで美しいフラワーアレンジメントを作るために必要なのは、使う花の特徴を活かすことです。しかし、初心者にとっては特徴を活かしながら花を組み合わせていくのはなかなか難しいものです。そこで今回は、初心者でも簡単にできる花の持つ特徴や、その特徴の活かし方、実際にアレンジするときのコツなどを紹介します。

綺麗なフラワーアレンジメントを作るコツ

フラワーアレンジメントの主役となるのはなんといっても美しい花たちです。そのため、きれいなフラワーアレンジメントを作りたいときに重要になるのは、その花の持つ特徴を活かすこと。

花には色や形など、それぞれに特徴があります。それぞれの特徴をつかんでアレンジに利用すると、まとまりのいい作品が作れます。

初心者にとって色や形といった特徴はなかなかつかみにくいものですが、そんなときに初心者でも簡単にできるのが、花の季節に注目すること。たとえば、早春の花といえばフリージアやミモザ、チューリップなど。これら同じ季節に咲く花を選んでアレンジすれば、季節感のあるフラワーアレンジメントになります。

花の特徴

お花の特徴を活かすには季節感以外にも、形や花の付き方に注目するという方法があります。

ラインフラワー

ラインフラワーは一本の茎の上に、直線状に咲く種類の花です。代表的なのはグラジオラスやリンドウ、ストック、デルフィニュウムなどで、はっきりした直線が生まれることから、フラワーアレンジメントを作るときにはおおまかなアウトラインを決めるときに便利です。全体の高さや幅といった、ざっくりとしたデザインを決めるために用いられます。

マスフラワー

マスフラワーは小さな花弁がたくさん集まってひとつの花になっているタイプのものです。バラやクチナシ、アネモネやヒマワリ、ガーベラ、ラナンキュラスなどがこれに当たります。お花ひとつひとつのボリュームがたっぷりしているため、フラワーアレンジメントの中では主役となることが多いお花です。マスフラワーを多く使用する場合には、もっとも美しく咲いているものを目立たせると、アレンジ全体がゴージャスになります。

フォームフラワー

フォームフラワーは花びらの数が少なく、大きくてくっきりとした特徴的な形の花を指します。代表的なものとしては、カトレアやユリ、カラー、チューリップ、コチョウランなどが挙げられます。これはお花ひとつひとつがはっきりとした形をしていて、花びらが一枚でも欠けると元の形と変わってしまうお花なので、取り扱いの場合には注意が必要になります。ひとつだけでも存在感抜群なので、アレンジのメインとして用いられることが多いお花です。

フィラーフラワー

フィラーフラワーはひとつの茎から枝分かれして、たくさんの小さな花をつけるタイプのものです。代表的なのが、カスミソウやスターチス、クジャクソウなどです。これらの花はひとつひとつには存在感はありませんが、フラワーアレンジメントに使用するとボリュームや立体感が生まれるだけでなく、差し込んでいくことで空間を埋めるという効果も生まれます。

花のタイプを活かしたフラワーアレンジメントのコツ

美しいフラワーアレンジメントを作りたいと思ったときには、4つの花のタイプを活かしたアレンジを行うと、豪華で華やかな印象の作品を作ることができます。4つのタイプの花の特徴を活かした、フラワーアレンジメントの手順を紹介します。

底辺にグリーンを入れる

フラワーアレンジメントを作るときには、まず最初に土台作りを行います。この土台をファンデーションと呼び、吸水スポンジであるオアシスなどもファンデーションの一部になります。しっかりとした土台を作るために必要なのは、緑の葉物、グリーンです。もちろんお花だけでもフラワーアレンジメントを作ることができますが、底辺にグリーンがあると、しっかりした緑色が支えになるため、お花の色もよりはっきりと印象的になります。

ラインフラワーで高さ、幅、奥行きのアウトラインを決める

次にラインフラワーを用いて、全体のアウトラインを決めていきます。アウトラインは、フラワーアレンジメント全体の輪郭に当たります。ラインフラワーは直線がはっきりと見えるために、高さや幅、奥行きを決めるには最適。このアウトラインづくりがきちんと行えるということは、全体のデザインがはっきりしているということなので、ある程度きっちりと行っておいたほうがよいでしょう。

また、ラインフラワーのようにはっきりとした線が出る植物ではなく、マスフラワーのようなボリュームのある立体的なお花を使ってアウトラインを作ることもできます。

ラインの内側にマスフラワーを入れる

全体のアウトラインが固まったら、そのラインの内側にマスフラワーを入れていきましょう。このとき、いくらキレイに見えても、最初に決めたアウトラインを壊さないことが重要です。一度アウトラインをくずしてしまうと、後で立て直すことは非常に難しくなります。また、マスフラワーに使われるバラやカーネーションなどは量感も存在感もあるため、どうしても多く使ってしまいがち。この段階で花を挿しすぎないように、イメージよりも少し控え目にしておくことが全体のバランスを整えるポイントになります。あまり多くの種類のお花を使いたくないと言う場合、アウトラインづくりに使用したラインフラワーを小さく切り離して、マスフラワーの代用に使うこともできます。

フォームフラワーでフォーカルポイントを活ける

次に、フォームフラワーを使ってフォーカルポイントと作っていきます。フォーカルポイントとは、フラワーアレンジメント全体の中で、もっとも目立つ焦点となる場所。視覚的な重心とも呼ばれ、豊かで美しく、存在感のあるお花が使われます。フォーカルポイントに使われる花はコチョウランやカサブランカなど、大きくてはっきりとしたものを使いますが、バラなど大きくてきれいに咲いているものがあれば、マスフラワーでも代用することができます。

また、フォーカルポイントの周辺はフォーカルエリアと呼ばれ、フラワーアレンジメントの中でも視線が集まる部分です。そのため、ここはしっかりと花を集めて、隙間のないアレンジを行うことが必要になります。

フィラーフラワーを使用する場合は全体のバランスを考えながら 全体の形を整える

最後に、カスミソウやブルーファンタジアなど、小さな花が咲くフィラーフラワーを使用して全体の隙間の空間を埋めていきます。このフィラーフラワーを使用しない場合もありますが、隙間が多くなるとどうしてもスカスカの印象を与えてしまうので注意しましょう。また、フィラーフラワーの代わりに、グリーンをフィラーフラワーの代わりに使用するという方法もあります。

なお、全体のバランスを見る時には、花の向きにも注意しましょう。花にはそれぞれ向きがあり、自然に美しく見える向きと、不自然な向きがあります。アレンジを美しく見えるためには、お花の向きを調和させることが大切です。花の向きは視線を誘導する効果もあるため、たとえばフォーカルポイントの上には、下向きのお花を配置しておくと、視線がそちらに導かれるため、よりはっきりとしたフォーカルポイントを作りやすくなります。

お花を知ればアレンジはもっと楽しく!

お花の特徴を理解すれば、フラワーアレンジメントは美しくなるだけではなく、さらに楽しくなります。お花と仲良くなる気持ちで、フラワーアレンジメントを楽しんでみては?

フラワーアレンジメント資格取得検定講座

フラワーアレンジメントについて

フラワーアレンジメント資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ