生け花とフラワーアレンジメントの違い

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントは生花を使用して、派手さや可愛さやをコンセプトとした観賞物と考えられます。

生け花は、一言で現すと芸術作品でしょう。

両方とも、簡単に言えばインテリア、装飾品と言えるでしょう。

では、その違いは何かと考えてみます。

まず、大きさに違いがあると思います。

手のひらサイズの生け花とかは、見かけないのではないでしょうか。

違いは扱う材料にも言えます。

生け花は、花以外に草や木等の植物全般を利用するそうです。

細部を見ていけば出てくるでしょうが、両者の明確な違いを断定できるかは不明です。

ネットで調べてみると、生け花は2Dと見かけました。

2D、面から捉えて鑑賞するとありましたが、これは対象そのもの違いではなく観賞する側の問題でしょう。

外国人には理解できないでしょうが、主観的に言いますと、生け花は「はかなさ」を感じさせます。

先にも書きましたが、生け花は芸術です。

歴史や伝統によって、文化といわれる存在に成りました。

規制や数々の流派があり、様式や技法などによって体系化されています。

華道といわれるように「道」ですから最後に「型」になるのでしょう。

封建的といわれるかもしれませんが、人との関係性の基本があると思います。

また自然との接し方を学ぶことで、命の取扱いを深く考えることにもなるでしょう。

日本独自に発展したと言えますし、茶道にも似ています。

一方フラワーアレンジメントは、外国が始まりだと言われています。

日本では、歴史的にはまだ浅いのではないでしょうか。

テレビメディアで取上げられる機会は少なくなく、これから認知度も上がっていくでしょう。

結婚式に代表されるようにセレモニー等では、よく目にする機会が多いでしょう。

テレビタレントの葬式でのフラワーアレンジメントを見れば、ご納得頂けるでしょう。

女性受けは良さそうで、特に若い女性には今風のPOPな感じで受入れられたと思われます。

やはり生け花の印象より、お手軽さが人気を集める要因でしょう。

全方位的に楽しめるフラワーアレンジメントは、新しい価値が生まれる考え方だと思います。

派手で目立てば良いばかりでは困りますが、いろんな発展には期待したいです。

日本と外国の花の表現の仕方はさまざまな角度から見てもいろいろと違うようです。

ではどのように違うのでしょうか?

今回は日本の花の表現と外国の花の表現の比較について、考えたうえでこれを読んでいる皆さんにお届けしようと考えています。

まず日本人の華道に精通する生け花は、切り花の花飾りに使う器にもこだわっているようです。

色とりどりの淡い水色や桃色の色彩豊かな陶器や白を基調とした高級感あふれる陶器などさまざまありますが、値段は数万や数十万と高価な器など多数存在します。

その器により優雅に、かつ装飾的な芸術を演出するわけです。

それに対して西洋のフラワーアレンジメントはどうでしょうか?

クリスマスによく見かける一塊することで、どこか温かみを演出するリースや楽しさや遊び心をくすぶるガーランドやウエディングになどに使われるブーケなどがあります。

高級感でいえばブーケにシルクを使うのもあるみたいです。

前述で生け花とフラワーアレンジメントの素材感を紹介しましたが、次は主な作成方法について説明します。

生け花は日本古来の伝統に受け継がれた活け方をします。

その活け方とは季節の花や草木を使い、自然を再現するという方法を用います。

本来、高い位置に生えている花や草木を使う場合は上段に活け、逆に地面の近くに生えている植物を使う場合は下段に活けることがセオリーです。

剣山という針が連なったもので花や草木を刺して活けます。

この生け花のコンセプトは、簡素にして作品自体の空間にこだわりを見せるという古来の日本人独特の感性から生み出されるものだといえます。

これに対しフラワーアレンジメントはどうでしょうか?

フラワーアレンジメントの発祥はヨーロッパだといわれています。

空間にこだわらず花をふんだんに使うのが特徴です。

オアシスという吸水性のスポンジに上に花を刺していきます。

花をたくさん使い豪華に彩るのが西洋人の感覚に合っているのでしょう。

主に生け花は日本家屋の床の間にマッチし、フラワーアレンジメントは西洋の結婚式場にマッチするなど、その建物のインテリアにも大きく左右されることも考えられます。

古来に建てられた家によって花の文化もそれに合わせて進化していったのでしょう。

その関係上、現在の日本は住居が洋式化しているので生け花よりフラワーアレンジメントがなじみやすくなっています。

花の文化とは人々が生活する上でそれに合わせて幾らでも姿形を変化させるという有形のもののようで、ある意味無形のものであるのではないかと私自身は考えます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ