フラワーアレンジメント用吸水スポンジの選び方

オアシス フラワーアレンジ

フラワーアレンジメント用吸水スポンジ(フローラルフォーム)と聞いて、なんのことかわからない方も多いかと思います。

一般的に、お花屋さんをはじめ、その他多くのお花に関わることをされている方のほとんどが、吸水スポンジのことを「オアシス」と呼んでいます。

なぜ「オアシス」と呼ぶかといいますと、日本で最初にフローラルフォームを販売した会社がスミザーズオアシス社で、その商品名が「オアシスフローラルフォーム」というので、そこからフローラルフォームのことを「オアシス」と呼ぶようなりました。

フローラルフォームには、様々なメーカーから様々な商品が販売されておりますが、

今回は、販売開始から現在まで業界最大手のスミザーズオアシス社のフローラルフォームについてご説明いたします。

オアシスの種類は、大きく分けて普通か硬いか軟らかいかの3種類あります。

軟らかいオアシスは、「オアシス スプリングタイム」といいます。

主にデリケートな草花や中空の茎など、茎が軟らかい花材を挿す時に向いているフローラルフォームです。

普通のオアシスは、「オアシス スタンダード」といいます。

あらゆる花材に使える万能タイプのフローラルフォームです。

硬いオアシスは、「オアシス デラックス」といいます。

大きな花や茎が太い花材をしっかりと支えるフローラルフォームです。

以上の3種類がフローラルフォームの大まかな種類ですが、「オアシス デラックス」と「オアシス スタンダード」にのみ、表面に細かい穴を開け、吸水時間を短くした「オアシス インスタントデラックス」と「オアシス インスタント」があります。

私、個人の感想ですがスプリングタイムは軟らか過ぎます。

オアシスというのは、花材を挿した向きや角度を維持させる為の固定器具のような役割を果たすものなので、全ての花材が軟らかく繊細なものであるのならいいのですが、中には茎のしっかりした花材が入ることもあるので、そうなると、一発で決められればいいのですが何度か挿しなおすとすぐ、

オアシスが「ぐずぐず」になってしまいます。

なので、私のお薦めは「オアシス デラックス」です。「オアシス インスタントデラックス」よりデラックスの方が、空気穴がない分、挿した感じがしっくりくる気がします。

「オアシス スタンダード」でも、耐えられないような太い枝ものでもしっかり支えてくれます。また「オアシス デラックス」にデリケートな花材を挿す時は、茎の太さに合わせて、爪楊枝や割り箸などで挿す前にオアシスに穴を開けると挿しやすくなります。

次にオアシスの吸水方法ですが、水に浮かべて吸水させましょう。たっぷりの水の上にオアシスを浮かべて自然に吸水させます。無理に水中に押し込むと空気の逃げ道がなくなり、水が浸透しない場合があります。

以上、皆様のオアシス選びの参考になれば幸いです。

人気の通信教育はこちら

花を扱う「プロ」の知識と技術が身につく。
フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

フラワーアレンジ資料 フラワーアレンジ

ガーデニングを基礎から学びたい方に。
ガーデニング資格

ガーデニングアドバイザー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ガーデニング ガーデニング

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ資格

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る