これさえ気を付ければ大丈夫!フラワーアレンジメントをプレゼントする時の選び方とコツ

これさえ気を付ければ大丈夫!フラワーアレンジメントをプレゼントする時の選び方とコツ

記念日やお祝いなど、お花はプレゼントとして最適なものです。特にフラワーアレンジメントは花束よりも豪華で華やかな印象になるため、大切な贈り物にはおすすめです。今回はフラワーアレンジメントをプレゼントするとき、相手の方に喜んでいただくためのお花の選び方やコツなどについてご紹介します。

花を贈る場合の基本

プレゼントにお花を贈るときには、相手に喜んでもらうことはもちろん、相手の状況などを考えてプレゼントしたいものです。まず、大切な人にお花を贈るときの基本を解説します。

相手が花の扱いに慣れていない場合はアレンジメントがおすすめ

お花を贈るとき、まず考えたいのは相手の方がお花に慣れているかどうかということ。たとえばゴージャスな花束を贈ったとしても、相手が大きな花瓶を持っていない場合、お花を生けることができず、すぐに枯らしてしまうということも考えられます。大切なプレゼントであればあるほど、すぐにダメになってしまうというのは悲しいもの。

もし相手の方があまりお花に慣れていないという場合は、花瓶を用意する必要のないフラワーアレンジメントがおすすめです。フラワーアレンジメントはすでに完成しているので、花瓶がなくてもそのまま置いておくだけでOK。さらに、専用の給水スポンジが使われているので、水を替える手間も省けます。

病室などスペースが限られた場合はコンパクトなアレンジメント

お花はお見舞いなどでも定番ですが、その場合にはできるだけコンパクトなものを選びましょう。病室はなにかとスペースが限られているもの。やみくもに大きなお花を贈ると迷惑になってしまいます。また、最近では病害虫や香りなどの問題から花を持ち込み禁止にしている病院もあります。その場合は、造花のフラワーアレンジメントを選ぶとよいでしょう。

花を選ぶ時には花言葉をヒントに

いざプレゼントにお花を選ぼうとすると、どれにしていいか目移りしてしまうもの。そんなときには、花言葉をヒントにする方法もあります。

バラ、カーネーションなどは色別に花言葉あり

花の中には、バラやカーネーションなど、色によって異なる花言葉を持っているものもあります。たとえばバラの場合なら、赤は「美」「愛情」、白は「純潔」「清純」、ピンクは「可愛い人」「愛の誓い」と言った具合。カーネーションの場合は赤は「母の愛」、ピンクは「感謝の心」、オレンジは「熱烈な心」などです。また、バラの場合には、3本で「愛しています」、5本で「出会えたことへの喜び」、10本で「あなたは完璧」など、本数でも花言葉が変わってきます。

花を贈る場合のNGタブー

プレゼントやお祝いのお花を選ぶとき、つい華やかで、自分が好きなお花を選んでしまうこともありますが、少し気を付けたほうがいいという場合もあります。

菊は仏花だから縁起が悪い

プレゼントとしてNGなのは菊の花。菊は仏壇に供える花というイメージが強いため、白や黄色の菊は避けたほうが無難です。ただし、最近ではピンクやオレンジなどの菊も出回っているため、プレゼントに贈るときは、そちらを選ぶとよいでしょう。

病人に鉢植えはNG

お見舞いのときにお花を贈ることは少なくありませんが、その場合に気を付けたいのは鉢植えの花。鉢植えは根が付いていることから「根付く」が「寝付く」を連想され、NGとされています。ただし、ヨーロッパでは生命の象徴とされることもあり、最近では気にしない人も増えています。それでも年配の方のお見舞いとしては避けたほうがいいでしょう。

新築祝いに赤い花はNG

新築のお祝いとしてお花を贈るとき、赤い花はNGです。赤は火を連想させるため、「家が火事になる」ことから新築祝いには避けるべきと言われています。そのため、アレンジメントの中に赤が入ってしまうときには、できるだけ薄く、パステルカラーのものを選ぶとよいでしょう。

アジサイは物事が安定しないことを連想

六月の花を代表するアジサイは、地中に含まれている栄養分によって花の色を変えることで知られています。そのため「移り気」「安定しない」といったイメージがあり、結婚のお祝いなどには不向きです。その場合、色が変わらないドライフラワーやプリザーブドフラワーのものを選ぶという方法もあります。

白いカーネーションは故人を意味する

カーネーションが色によって花言葉が異なるというのはすでに述べた通りですが、中にはプレゼントにはふさわしくない花言葉もあります。たとえば黄色は「嫉妬」「軽蔑」、白は「亡き母をしのぶ」といった花言葉なので、結婚や母の日のお祝いには、色選びにも注意しましょう。

花店でプレゼントを上手にオーダーするコツ

お花を上手に選ぶとき、大切なのはお花屋さんを活用すること。プレゼントを上手にオーダーするためのコツを紹介します。

目的、予算を伝える

まず、お花をオーダーするときには、目的と予算を使えましょう。花のプロであるお花屋さんは非常に知識が豊富。使ってはいけない花などもよく知っています。予算内でベストなお花をセレクトしてくれます。

相手の状況とイメージを伝える

大切な人にプレゼントするときは、年齢や好み、相手のイメージなどを伝えるのもいい方法です。男性か女性か、落ち着いた雰囲気、元気なムードなど、イメージを伝えるだけでも、相手にぴったりのお花を選ぶことができます。可能であれば、好きなお花や嫌いなお花も伝えておきましょう。

花器の持ち込みをする場合は事前に連絡する

自分でフラワーアレンジメントを行う場合、使用する花器とバランスのいいお花を選びたいものです。そのため、お花屋さんに花器を持ち込むこともありますが、その場合は事前に連絡しておきましょう。いきなり花器持参で来店されると、お花屋さんも困ってしまいます。

イメージを伝える時は、食い違いを防ぐために色合いで伝える

イメージというのは人それぞれで異なります。さらにお花を選ぶとなると、どうしても食い違いが生まれてしまうもの。そんなとき、言葉だけでなく色合いを伝えるとイメージ通りに花をセレクトしてもらえます。たとえば、同じ元気なイメージでも、黄色や赤など、その人の印象や雰囲気と組み合わせて色合いを伝えると、考えていた通りのお花を購入することができます。

手の込んだアレンジをお願いしたい場合は、繁忙期を避ける

お花のプロであるお花屋さんはアレンジも得意。そのため、つい手の込んだアレンジのお花にしてもらいたいと考えてしまうものですが、もし手の込んだアレンジをお願いしたいと言う場合、繁忙期を避けたほうがいいでしょう。クリスマスや、ジューンブライドで結婚式が立て込む6月はお花屋さんも忙しいため、希望に答えてもらえない場合もあります。そのほか、季節だけでなく閉店間際などの時間帯も避けたほうがいいでしょう。

また、お花というのは生ものです。その日その日に仕入れるものなので、オーダーはできるだけ早く行い、事前に電話などで連絡しておくと、本当に納得できるお花を購入できますよ。

まとめ

お花は贈ったほうも贈られたほうもうれしいもの。四季折々の季節感が出せるのも非常に重宝です。ただし、タブーのお花を贈ってしまうと常識を知らない人だと思われてしまいます。自分のひとりよがりにならず、相手のことを考えてお花を選ぶのがよさそうですね。

フラワーアレンジメント資格取得検定講座

フラワーアレンジメントについて

フラワーアレンジメント資格取得検定講座
少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ