クラウドソーシング活用事例③ すき間ワーカーが急増中!

・クラウドソーシングにはすき間ワーカーが多い!

 クラウドソーシングは、フリーランスの仕事スタイルを根底から変えるツールとなりました。現状、フリーランスでもクラウドソーシングを主戦場として活躍している方が数多くいらっしゃいますが、クラウドソーシングを専業で行っているという方は少ないのが現状です。今のところ、クラウドソーシングは副業として空いた時間に仕事をする、いわゆる「すき間ワーカー」の方から絶大なる支持を受けていると言えるでしょう。

 

「すき間ワーカー」の方がクラウドソーシングを利用するメリットは数多くあります。クラウドソーシングには「ちょっとした仕事で単価は高くないけれど、すぐ終わる」というタイプの仕事が多数存在しており、すき間ワーカーの方の大多数は、こういったすぐ終わるタイプの仕事を毎日コツコツこなしているのです。空き時間にちょっとだけ、を積み重ねた結果、月末に思わぬ副収入になっているという方も大勢いらっしゃいます。

 

 また、やはりクラウドソーシングの大きなメリットである「いつでもどこでも仕事ができる」という部分を、すき間ワーカーの方は最大限に利用することができるのも大きいですね。会社の休憩時間に、仕事とプライベートの空いた時間に、時間を見つけてクラウドソーシングで仕事を行い、多額の副収入を得ているすき間ワーカーも大勢いらっしゃいます。

 

・クラウドソーシング専業のフリーランスが増えない背景は?

アフィリエイト

このように、すき間ワーカーにとっては大人気のクラウドソーシング。ではなぜ、フリーランスの方の中には「クラウドソーシング専業」の方が増えていかないのでしょうか。

 

 大きな理由としては、やはり単価が低い傾向にあるという部分が挙げられます。クライアントと直接取引して仕事の契約を結ぶ場合に比べて、クラウドソーシングにおける契約は手数料が取られてしまうということもあってやや低くなってしまいます。

 

 実力と実績のあるフリーランスの方は、わざわざ報酬が低くなるクラウドソーシングで仕事を探すよりも、自分の実力と実績をアピールしたうえで自ら直接クライアントを探した方がよい条件の仕事に巡り合える可能性は高くなります。

 

 そのため、クラウドソーシングに定着するフリーランスの方は少なくなり、結果的にクラウドソーシング専業で仕事をする方はほとんどいなくなってしまっているのが現状なのです。

 

 

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る