2017年版 風水から見た運気を上げるキッチンの作り方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

キッチンは、人体に入る食べ物を作る大切な場所です。それだけにキッチンの気が淀んでいると、食べるものに直接悪い気が吸い込まれてしまうため、人体にも邪陰の気が満ちることになり、悪影響を及ぼします。このとき、ことに甚大な被害にさらされるのは、健康運と金運です。食べるものに関連するだけに健康運にダイレクトに影響するのはわかりますが、キッチンが金運をも左右していることには、案外気きがつきにくいものです。

2017年にはどんなことに注意してキッチンをレイアウトすればよいのでしょうか? 風水から見た運気を上げるキッチンの作り方について、まとめてみました。

キッチンは火と水が同居する場所

風水では2017年は、一白宮年の年と定められています。一白宮年が司るのは水の気です。つまり、2017年は1年間を通して、水の気のパワーが甚大な影響力を及ぼすことになります。

水の気は空間に堆積する悪い気を洗い流すことで、空間の気を清浄に保つ働きをします。水の気が循環している限り、悪い気が溜まることはありません。空間の気は水の気によって、常に清浄に保たれます。ところが一度水の流れが止まってしまうと、水の気は水本来の働きを失い、たちまち邪陰の気へと様変わりしてしまいます。水の気の勢いが強い1年であるだけに、2017年は例年以上に、水の気の流れを阻害しないように、細心の注意を払わなければいけないわけです。

こうした観点からキッチンを見たとき、実はキッチンには、水と極めて相性が悪いものがあることに気がつきます。水にとっての天敵ともいえる存在は火です。水は火を消しますが、猛火は水さえ一瞬のうちに蒸発させて消し去ってしまいます。つまり、水と火は互いが互いを打ち消し合う存在といえます。

キッチンはガスコンロやクッキングヒーターなどの火と、流しにある水とが、極めて近くに併存する場所です。これを自然のままに放置しておくと、火と水の気とが互いの生存をかけて激しくぶつかり合うため、キッチンの気は最悪の状態になります。良い気はもちろん寄ってくることができなくなり、邪陰の気が好んで集まる場所に成りはててしまうのです。

火と水の気を鎮めるための風水術

そこで風水では、ガスコンロやクッキングヒーターと流しとを、できるだけ離れて設置することをすすめています。しかし、システムキッチンをはじめ、たいていは隣り合わせに置かれていることの方が一般的です。その場合、風水では、コンロやヒーターと流しとの間に、観葉植物を置くべきと教えています。

観葉植物にはぶつかりあう火の気と水の気を鎮め、空間の気を中和するパワーが宿っています。観葉植物一つで、気の相克はぴたりと収まります。植物は空間の気を穏やかに包み込む偉大な存在なのです。

しかし、観葉植物を置いたからといって、手入れを怠ったり、汚れを放置するのは堅くNGです。枯れそうだったり、油汚れがべっとりついた状態の観葉植物では、逆に邪陰の気を増殖してしまいます。観葉植物が常に元気できれいにいられるように、気をかけてあげてくださいね。

もちろん、キッチンのお掃除を徹底させることも、とても大切です。ことに水回りが汚いと、水の気の流れが滞るため、2017年は特に注意が必要です。キッチンを風水で正しく整えて、2017年の健康運と金運をアップさせてくださいね。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ