2017年の金運をあげる方法とは? 驚異の金運風水術!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

もう少しお金があれば、欲しかった○○が買えるのになぁ、もう少しお金があれば、○○に旅行に行けるのになぁ、と、お金に関する悩みは尽きないものです。世の中を見渡してみれば、宝くじが当たったラッキーな人もいれば、妙についてない人だなぁと同情を寄せてしまう人もいます。運気の総量は決まっていて、今ついていない人は後からつきはじめる、今ついている人も後からつかなくなる、とはよく聞く言葉ですが、それを純粋に信じている人は、どのくらいいるのでしょうか? どうやら金運の量は、人によって異なるようです。

でも、ため息をつく必要はありません。金運が足りないなら、継ぎ足してあげればよいだけのことです。金運を増やすためのノウハウは、風水がみんな教えてくれているのですから! 2017年の金運は、風水を活用して、無理矢理にでも上向かせてしまいましょう! 風水の観点から、2017年の金運をアップさせる方法について、まとめてみました。

水回りは小まめに掃除しましょう!

え? いきなりお掃除ですか? と、不思議に思う方もいるかもしれませんね。でも、風水で金運を上げたいとき、真っ先に実行すべきはお掃除なんです。特に2017年は、例年以上に、お掃除が金運を左右します。

風水では2017年度を、一白宮年の年としています。この理論の基になっているのは、風水と同じ頃に中国に生まれた九星気学です。九星気学は東洋で生まれた占星術とイメージすると、わかりやすいです。一白宮年の年は、水の気が支配する1年となります。

水の気の役割は、悪い気を洗い流して浄化し、空間を清浄に保つことにあります。そのためには水の気が循環しやすい環境を用意する必要があります。家庭内で水が流れる場所といえば、トイレや洗面所・浴室です。水回りはちょっとでも掃除の手を抜くと、たちまち雑菌やカビがはびこってしまいます。

家庭内で水の流れが阻害される場所があると、水の気の流れも滞ってしまいます。水は流れているからこそ清浄を保つことができます。水の流れが止まってしまえば、水たまりはたちまち淀み、やがては腐ってしまいます。水の気も同じで、流れが止まると淀み、悪い気へと変わってしまいます。

水の気が強い影響力をもつ2017年だからこそ、水回りのお掃除は、いつもよりもしっかりと入念に行うようにしてください。湿気を追い出すことも大切です。換気を小まめに行うことで、湿気がこもらないようにしてください。
小まめなお掃除こそが、2017年の金運を上げるための第一歩です。

ラッキーカラーを取り入れよう!

2017年のラッキーカラーは、水の気と調和することで、水の気の働きを捕捉するカラーです。水の気ともっとも調和するのは、ブルーです。しかし、ブルーと言っても、世の中にはさまざまな青系統のカラーがあります。2017年の水の気を助けるのは、濃いブルーではなく、水色に近い淡く明るい色調のブルーです。

身の回りの小物や、毎日のファッションにブルーを取り入れることで、金運をあげることができます。ただし、財布だけはブルーにしない方が賢明です。お金の出し入れをする財布は、当然ながら金運ともっとも関連性が高いアイテムです。風水では青色の財布を使うと浪費が増え、財布にお金が貯まらなくなると、教えています。
ブルーは2017年のラッキーカラーですが、財布の色をブルーにすることは百害あって一利なしですので、やめましょう。

女性に人気の風水師・李家幽竹さんは、2017年のラッキーカラーとして、エメラルドブルーのほかに、サクラピンクとミルキーホワイトをあげています。ですので、女性であればこの3色をファッションに取り入れると、金運をはじめ、恋愛運などの運気全般を底上げできます。

さらに、2017年はラッキーアイテムとして下着があげられています。サクラピンク・エメラルドブルー・ミルキーホワイトの下着を身につけることで、金運と恋愛運を大きく引き上げることができますよ!

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ