2017年の運気を上げる部屋づくりは風水に聞け!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

2017年から一人暮らしをはじめる方も多いことでしょう。部屋をどんな風にレイアウトしようかな、どんなインテリアをおいて、どんな色でまとめればいいのかなぁと、部屋作りについてあれこれと考えるのは楽しいものです。最近は女性の間で、DIYがブームになっています。100円ショップなどの安い素材を利用して組み合わせることで、簡単な家具や飾り物を作る楽しみも、一度はまれば病みつきになります。でも部屋づくりには、見た目の他にも、考えなくてはいけないことがあります。それは、運気を上げることです!

毎日を過ごす部屋のレイアウトによって、実は人の運気は大きく左右されます。これを、数千年間にわたる経験を積み重ね、仮説と実証を繰り返して環境学としてまとめたのが、風水です。その効果のほどは、試してみなければわかりませんよね。2017年の運気を上げるための風水の知恵について、まとめてみました。

2017年のテーマは「水」

風水では年度によって星の運行を割り当てて、運気の流れを読みます。星の配置によると、2017年は一白宮年の年とされています。一白宮年は水の気を象徴しています。一滴の水に宿るパワーは微小であり、それほどの影響力はありません。しかし、一滴のしずくが集まれば、そのうち水たまりができ、それはやがて川となって流れ出し、濁流となってあらゆる物を飲み込んでいきます。濁流となったときの水の威力は凄まじく、洪水や津波など、甚大な被害をもたらします。

またその一方で、人は水なくしては生きていけません。恵みの水があるからこそ、作物は育ち、人も動物もはじめて生きることができます。水は生命の源でもあるのです。

こうした水の気が司る一白宮年の年は、これまでの努力が実り、刈り入れを行う年でもあり、また予期せぬ大惨事が起きる可能性をもつ年でもあります。それだけに、水の気のパワーを上手に取り入れて活用することこそが、2017年のテーマといえるでしょう。

水の気のパワーをより強めるためには、北西の方角に、水と関連が深いアイテムをおくと効果的です。たとえば水槽などを置けば、北西の方角がもつ金の気が水の気によってより増幅されるため、相乗効果によって金運が大きく上昇します。ただし、水は常に澄んだ状態を保つ必要があります。北西にいくら水槽を置いても、あまり掃除をしないために水が濁っていては逆効果となりますので、気をつけてください。

実際に水が循環する噴水の置物を北西に置いてもよいでしょう。水の気の循環は、あらゆる運気を底上げします。部屋のなかの水の気が循環できるように、噴水などの置物を積極的に活用しましょう。

2017年のラッキーカラーを取り入れよう!

風水では色彩に、気のパワーが宿っていると考えます。2017年のラッキーカラーは、水の気との相性が抜群のカラーです。女性に人気の風水師である李家幽竹さんは、サクラピンク・エメラルドブルー・ミルキーホワイトの3つの色を、2017年のラッキーカラーとしてあげています。ですから部屋のなかに、サクラピンク・エメラルドブルー・ミルキーホワイトの3色を取り入れることで、水の気のパワーが増幅され、2017年の運気が跳ね上がります。

なかでも女性に特におすすめなのが、サクラピンクです。ビビッとではないパステル調の明るいピンク色のイメージです。部屋をサクラピンクで統一すれば、見た目にも可愛らしくなることはもちろん、ことに恋愛運が上向きます。ピンクは2017年に限らず、女性の容姿と恋愛運を魅力的に整える働きがあります。そのため、2017年以降も、そのまま運気を引き上げてくれるため安心です。

風水を活用して運気を上げる部屋づくりをすることで、2017年にはきっといいことが起きることでしょう!

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ