風水色アイボリーについて

運勢UPアイボリー色 風水

<風水における「アイボリー」>

アイボリーは運気のもととなる「気」の中でも「金の気」を持つ色で、

その「金の気」の中でも丸い気を持つと考えられています。

この色は囲まれると人間自身をより上品に引き立ててくれる効果があるといわれています。

イメージとして浮かべてほしいのは女性ならアクセサリーとして誰もが見につけたいと思う

上品の象徴、「真珠」ですが、この色がアイボリー色ですよね。

身近にある例でもアイボリーは美しく見せたり優しく可憐に見せたりすることが可能とされる色です。

またインテリア的感覚でアイボリーを考えると、この色は「大理石」などをイメージさせて

くれるのではないでしょうか。

また温泉などの色でにごった乳頭色のようなアイボリー色につかる女性が映画やドラマなどの

入浴のワンシーンで使われるのは、裸体を隠すのはもちろんの目的ながら、

女性を上品にみせるために使われているとも考えられるのです。

城に近いこの色は白よりもはっきりはしないながらに「無彩色」であるため、

イメージとしてはリスタートなどはっきりとした意味を持つ白に比べると

上品、優しい、可憐などのやわらかい意味が多いです。

その一方白と同じように他の色とけんかすることなくあわせることが出来ると考えられます。

特にあわせるといい色としては、白や金・銀などとあわせることによって

金運と健康運を両方アップする効果があります。

また明るい色とあわせることによって恋愛運にも期待が出来るでしょう。

<北西に位置する「アイボリー」>

アイボリーは「金の気」が属している方角である北西に属しています。

そして若干ではありますが北の「水の気」の影響を受けますので、

水の気が持つ、冷静静寂や信頼感に対しての運気も上昇する効果があります。

また白よりも自然色に近く、いやみもないことからリラックス効果すらも

発揮できると思います。

<風水インテリアの観点から見る「アイボリー」>

アイボリーは基本的には「無彩色」の部類に入るため、他の色の邪魔をするということはほぼありません。

ただし合わせる色が原色である場合に関しては、明るい色味やはっきりしすぎた色味に関して、

アイボリーとの割合を考えなければ、白のような色の補色は不可能です。

白のように自身もはっきりした上で目立ちながらの補色、というよりは

自然色に近い、やわらかい印象の補色のため、少し難しいかもしれません。

畳の部屋に和紙のようなインテリアを置くなどのポイント的インテリアも可能ですので

ベースカラーとしても、アクセントカラーとしても使える万能色といえるでしょう。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る