風水的に周囲環境と自宅の関係性を知ろう

建物と風水

<周囲の建物や環境と自分の家の相性チェック>

人と人に相性があるように、家や建物にも相性があります。人の相性は、本命がけの五行で見ましたが、家(建物)の相性は、外観の五行から判断します。

五行の要素には、相生・相剋の関係があります。ですから、周囲の建物の形によって、あなたの家には好ましい影響と好ましくない影響がもたらされます。

あなたの家が周囲とまったく同じ形なら、うまく調和しているでしょう。しかし、違った形なら何か問題があるでしょうから、位置関係による影響を調べる必要があります。

まずはじめにあなたの家が五行のどの形に似ているか、次に周囲の建物がどの形に似ているかを判断しましょう。形が互いに不調和な場合は、五行に基づく問題解決法を使って、好ましくない影響を軽減しましょう。

<五行に基づいた建物>

○木の家:高く細長い建物。都心でよく見かける高層ビルやマンションは、ここに入ります。

○火の家:屋根がとがった形をしている建物。高圧線の鉄塔などもこれらにあたります。

○土の家:平たく平らな屋根を持つ建物。一般住宅の多くはここ!

○金の家:屋根や窓、ドアや建物自体が円形のものはここに含まれます。ドームなどはここ!

○水の家:波打ったような不規則な形をした建物。中国の団地などのように段々畑のような形。

<調和の法則>

上記のように家には五行によって特徴が分類されますが、どのようにして良い悪いを判断するのか。それは五行の性質に基づいた相生・相剋と同じものと考えるのが妥当でしょう。例えば木の家が自分の家だとします。同じ木の家に属する建物、マンションなどが近くにあったとしましょう。その場合は同じ気であるため調和が図れます。しかし火の家に属した建物が近くにあった場合には木の気は火の気によって吸収されてしまう対象になりますから影響力が大きいです。努力が空回りしがちであったりしやすい傾向などがあります。このようなときにはどのような対策をしたらいいのか。ここも五行の相生・相剋にしたがって。木の気のパワーを強め、火の気のパワーを弱めるのは水の気ですから、家に水の気に属する何かを置くことによって多少の運気改善を図れるでしょう。同じく木の気を攻撃する金の気に対しても同様に、水の気が木の気を強めて金の気を助けてくれます。逆に水の家に属した建物があれば木の家の住人は仕事運や財運のアップにつながりますので良い効果が得られるでしょう。

 

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る