風水学的観点から見る東の方角にはどんないいことがあるの

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

風水には方角がかなり深く関わってきます。

それは周囲の環境を改善して運気を上昇を図ろうという目的のある風水にとって、

周囲の環境を判断する判断基準となるために重視されると考えられます。

今回は「東」の方角の意味や特徴をご紹介していきます。

<風水における「東」>

太陽が昇ってくる方角としての表現が多い東の方角は

上に上に何事も伸ばしていく、成長の意味を強く持ちます。

「木の気」をもつこの方角は、若さや発展といったような「木」の成長を連想させるような

意味も持ちます。

木の気は音や情報といったなにかの「知らせ」があると気のめぐりがスムーズになり、

運気の上昇につながっていきます。よく木の下で音楽聴いていたら案が思いついた!

みたいな場面、テレビなんかでも見ませんか???イメージはそんな感じです。

また木は水があると育つ、というように水と木は相性がいいので、それを考えたものや

色などを選ぶのが最適であると考えられます。

この方角がプラスに働くと、自信や行動力の運気の増加があると考えられます。

自信やそれを元手にした行動が自信の成長につながっていく、という考え方です。

また、観察力にも優れると考えられ、物事を落ち着いてみることが出来ます。

しかしマイナス方向に働いてしまった場合、せっかちになったり中途半端、

行動をおこしてみたもののだめだった…といった状況に陥ります。

また無駄に労力を使うが故の疲労なども出てくるので、注意です。

<発展運に強い「東」>

東では発展運に恵まれる、といった考えがもたれています。

成長のうえで、音や情報によるなんらかの知らせが成長を促すことで発展へと変えていく、という考え方です。仕事運や勉強運、対人運などなどすべての事柄での発展が期待できます。

この何らかの知らせは、「若さ」ということがキーワードになってきます。

木の気には「若さ」の意味があり、成長する前段階のまだ未発達な状況から若き力で

掘り起こした情報から成長をもぎ取る、というような考え方です。

ですので東には「若さ」を象徴するようなものや、実際に東側の部屋を家族で若い人の

部屋にしておくなど、若さに関しての何かを関連させることで家全体の全体運を増加

させることにもつながります。

もし若くなりたい!といったような理由でその部屋に若さのあるものを置いてその部屋にいても

効果があります。

この場合には一緒に携帯電話やパソコン、テレビなどの新しい製品を置くと良いでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ