風水学的な黒色の意味

風水黒水晶玉球

風水は様々なものと関連付けをしながら、周辺環境を整えていくことにより

運気を上昇させ、その運気を自らが吸収するという定義があります。

動物であったり、方角であったりそれは様々ですが今回は色に注目していきます。

風水の意味を持つ色は風水色と呼ばれおのおのに特徴を持ち、風水ではとても大切な意味を持ちます。

周辺環境を整える際、特に風水的観点でのインテリア、風水インテリアでは大きな役割を果たします。

では今回は黒色を風水的観点から見ていきましょう。

<風水における「黒」>

黒色は風水的にはとても難しい色として存在します。

最も陰気を放ちやすい色であるからです。

ちなみに運気のもととなる「気」には様々な種類がありますが、

その種はすべて「陽気」という良い運気をもたらす可能性のある「気」というように

分類されています。

しかし陽気に対して悪い運気を起こしやすいとされる気があり、それが「陰気」です。

どの色にも「陽気」の面と「陰気」の面は存在しますが

黒に関しては陰気の面が出やすい色であるため注意が必要です。

陽気の黒は「気」のなかでも「水の気」に属します。

水の気は他の陽気にくらべて一番大人しい気ではありますが、黒はそのなかでも

秘密を象徴し、信頼感のアップやまじめ感のアップにつながります。

黒はその色自身にかなりのインパクトがありますので、

あまりむやみに他の色とあわせると合わない可能性があります.

しかし無彩色であるため色味自体は持ちませんのでベースカラーとして使うことが可能です。

黒ばかりを使うと陰気が発生する原因になりますから、使う範囲も考えて使う必要があります。

特に相性の良い色は赤やオレンジ、ピンクなどの暖色系やグリーン系との相性が良いとされています。

暖色と黒をあわせることにより愛情面で運気が上昇する傾向にあり、恋愛運や

家族運が上昇するとされています。

またグリーン系には非常に相性がよく、ライトグリーンなら金運や仕事運の上昇、

深緑とあわせれば健康運のアップにつながります。

<北に位置する「黒」>

黒が属する方角は水の気を持つ北の方角です。

しかしこの方角と黒との相性が良いとはいえ、黒ばかりを多用しすぎると

陰気なイメージを作り出してしまい、暗い運気になりがちです。

黒は無彩色ではあるのですがその中でも特に強い色で、白と同じく

他の色を引き立ててくれる役割を果たしますが、白のようにその運気を

強めるのに対し、黒はその色の持つ運気を引き締めます。

 

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る