風水をもとに土地を考えてみよう

<風水の土地チェック!!!>

○土地の吉凶

風水では、建物の建っている土地の影響というのは、非常に大きいと考えます。そのため、できるだけ理想的な土地に住むのが良いとされているのです。いろいろな土地の形がありますが、人間は様々な地形に合わせて生きていきました。「地理風水」という言葉があるくらい土地が家や人に与える影響は、とても大きなものなのです。新しく家を建てたり、引っ越したりする際には、まずはじめに土地の吉凶から見ていきましよう。

☆吉相の土地

・日当たりが良い、風通しが良い

→生気を受けることが出来るので家の中の運気が生き生きします。

・傾斜(前低後高)のある土地

・四角形の土地

→東西南北に角が向いていたらなお良いでしょう。

社会的尊敬や名誉をもたらすとされています。

・近くに川などがある場合その水が汚れていない、澄んでいる

→汚れた水は凶の作用を起こしやすいですし、川などの水辺が近いと

洪水などの自然災害などの凶作用も大きいとされますので避けたほうが良いでしょう。

・北から南、南から北に風が通りやすい

→南北に風が流れていると日本という地形と同じ風の流れをしますので、すごしやすいとされます。

☆凶相の土地

・三角形の土地

→健康を害してしまいやすく、自らの命を軽く感じやすいとされています。

・湿っている土地

→暗気が漂いやすく、家全体の運気が澱みやすいでしょう。

さらに家自体も傷みやすいので辞めたほうが無難です。

・森林を伐採して開拓した土地、埋め立てた土地など

→自然を一度怒らせてしまっているのでその土地の環境が怒りをもっています。

風水上自然に反するということが周囲環境を整えて運気のアップにつながるのではなく、

周囲環境に対して配慮をしながらの改善をすることによって周囲環境から発生する

「気」の流れを良くし、運気を上昇させるので、1番よくないことです。

・火事によって燃えてしまった土地

→土壌自体も燃えてしまっているので土壌から十分な気を吸収できません。

・周囲よりも低い土地

→水がたまりやすく大雨の際にも水関連で凶作用がおきやすいので注意です。

あまりにも水がたまりやすいところには気も澱むと考えられています

・丘の上にある土地

→低地とは逆に見晴らしがよく水はたまりにくいですが、風通りがよすぎるため

運気が元気になりすぎて溜まらず、運気の通り道となってしまいやすいです。

そのためいいことと悪いことがころころ変わって起こったりしますので注意です。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る