風水なんて当たらない!? ホントはどうなの?

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

風水と聞くと、どんなイメージをもちますか? 北東にあたる鬼門には玄関やトイレを作ってはいけないとか、金色の財布をもてば金運が高まるなど、さまざまな教えが風水にはあります。風水は、今からおよそ四千年前に中国に生まれました。風水の教えを、単なる迷信だと一笑に付すこともできるでしょうし、当たるも八卦、当たらぬも八卦と見なすこともできます。でも、ちょっと待ってください。風水を、古くからある占いの一種と決めつけるのは、早計に過ぎます。

実際、風水は数千年間もの間、連綿と受け継がれてきました。もし、風水が単なる占いの一種であったとしたら、こんなにも長い歳月の間、伝承されてきたでしょうか? 風水なんて当たらない、と決めつける前に、風水についてもうちょっとだけ学んでみませんか?

風水は占いではなく統計学

占星術や水晶占い、タロットカードや易経など、さまざまな占いが、私たちの周りにはあふれています。ともすると風水も、そうした占いの一種だろうと思いがちですが、実は違います。風水とは占いではなく、学問だからです。

学問と聞いても、ピンときませんか? しかし、風水の実態はまさに統計学なのです。古代中国においても、私たちとなにひとつ変わらない人の営みが繰り返されてきました。ときに人は、思いもかけない幸運に恵まれたり、思いもよらない災厄に見舞われたりします。そうした営みのなかで、人は考えるようになります。運命に翻弄されるかのように、あざなえる福禍を経験するけれども、人はほんとうに運命に対して為すがないままなのだろうか? だとすれば人間とは、なんと無力な存在だろうか。それではあまりに情けない。だったらいっそのこと、人が運気を操ればよいのではないか? この世界は大自然の秩序にしたがって動いている。もしかしたら運気も、なんらかの法則によって動いているだけではないだろうか? 人が運命に翻弄されると感じるのは、運気の法則を知らないから、ただそう見えるだけなのだ。運気の法則を見つけて、運気の流れを支配したい。

こうした思いから風水ははじまりました。それから数千年の歳月をかけて、志を同じくする幾世代もの人々の間で、さまざまな統計がとられました。風水は、こうした統計の積み重ねによって構築されたのです。

風水と科学

鬼門や裏鬼門の法則も、方角による気の働きや色に込められた気のパワーも、気の遠くなるほどの歳月をかけてとられた統計学の賜物です。そして今日、科学が進むにつれ、現代科学の視点で風水の教えを分析してみると、それが驚くほど科学的根拠に基づいていることが、次々と明らかになっています。

風水では「気」という目に見ることのできないエネルギーが、運気の正体であり、気の流れや性質によって人の運気は左右されるとしています。気の性質について、さまざまな言説を風水は残していますが、それが今日の電磁波に極めて近いことが、わかっています。今日では量子力学の発展により、すべての物体は突き詰めれば波動であることが判明しています。風水が気というエネルギーを万物の根源としていることに、それは酷似しています。最新科学と風水の理論とがリンクしていることは、たしかなことです。

統計学という風水の実態がわかれば、風水の理論が当たるか当たらないかについても、理解できることでしょう。科学的にまとめるのであれば、すべては確率の問題です。風水とは、数千年間に渡る蓄積された統計を基に、人が幸せになるための確率を高めるための手段です。

たとえば天気予報で降水確率が98%だとすれば、確率的には雨になる可能性が高いことになります。しかし、100%ではありません。2%の地域は晴れるかもしれないからです。風水もまったく同じです。風水の教えに従ったからといって100%運気が上がるわけではありません。過去の統計に基づいて、あくまで幸せになる確率を高めているに過ぎません。

それなのに、風水は当たる、当たらないと言ってみても、なんの意味もありません。幸せになる確率を高めるための努力をするか、しないか、要はそういうことなのです。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る