風水と風呂場

風呂

お風呂は風水では、一日の疲れとともに、外でつけてしまった悪い気を洗い流すための大切な空間です。風呂場の風水が乱れていると、恋愛運に大きな影響を及ぼします。

また、水の流れはお金の流れにつながると考えられるため、金運をも左右します。風呂場は面積こそ狭いものの、風水では極めて重要な場所です。風水の知恵を借りて風呂場を整え、運気をアップさせましょう。

風呂場の風水の基本

風呂場は風水から見ると、火・水・不浄の3つのタブーが集中する空間です。お湯を沸かすためには火を使いますが、火の気はその場の陰陽のバランスを狂わせます。

風呂場には水があふれていますが、水は陰の気がこもりやすい性質をあらかじめ持ち合わせています。風呂場には排水溝がありますが、これは不浄のものとして、悪い気を招き寄せます。

家のなかでこれだけ負のエネルギーを背負い込む場所は、風呂場しかありません。それだけに、風水の知識を総動員して、陰陽のバランスを整える必要があります。


まずはじめにすべきことは、風呂場においても清掃です。排水溝から悪い気が入り込まないように、丁寧に掃除しましょう。排水溝に髪の毛を残したりせず、ぬめりもすべて取り払ってください。

蛇口やシャワーヘッドの金属部分や、水の出る部分は、水垢が溜まりやすい箇所です。そのまま水垢がついたまま放置すると、厄も溜まりやすくなってしまいます。

ことに、最近夫婦仲がうまくいかないと思うなら、風呂場の掃除をとにかく徹底的に行ってください。風水では、「夫婦の間にすきま風が吹いたらお風呂場を見なさい」といわれています。壁や床の隙間や角の隅まで、細かく磨いてください。


掃除が終わったなら、次はシャンプーや石けんなどのバスアイテムを、整理します。乱雑に並べただけでは、見た目も悪く落ち着きません。すっきりと収納して、広々とした風呂場にしてください。


そのあとは湿気対策です。湿気は風水では、金運や健康運に悪い影響を与えるものとして、忌み嫌われます。湿気がこもらないように、風呂の窓を開けてしっかりと換気してください。

お風呂から上がる際にも、湿気がこもらないように工夫することが大切です。たとえば、上がり際に冷水で浴室全体を冷やすことです。

あるいは壁などをザッとでもいいので、タオルなどで拭いてあげると、発生する湿気の量がだいぶ少なくなります。湿気を取り除くために、換気は何度も行うようにしましょう。窓際に観葉植物を飾ることも、効果的です。

風呂場の風水 残り湯の処理

お風呂に入ったあと、残り湯を捨てるのがもったいなくて、つい翌日までとっておく方もいますが、風水ではこれは好ましくありません。

お風呂に入ることで、身体についた陰の気を取り払うことができますが、その陰の気は当然ながら湯船に溜まっています。残り湯を溜めておくと、その分だけ陰の気が風呂場に漂うことになるため、避けなければいけません。

入浴後の残り湯は、最後に入った人が抜くようにしましょう。それでも、どうしても残り湯をとっておきたい場合は、湯船に炭などを沈めて、必ず蓋を閉めるようにしてください。

そうすることで、陰の気が充満することを防げます。翌日、再びお風呂に入るときは、塩をひとつまみ入れることで、湯の気を浄化することができます。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る