風水と財布の素材

風水と財布

風水では、財布の色によって金運が変わるといわれています。財布の形では、長財布が一番良いことも、多くの人に知られています。では、財布の素材はどうでしょうか? 財布の色ばかりが取りざたされるようになり、財布の素材については、あまりこだわらない傾向にあるようです。しかし、風水では財布の素材にも、それぞれに金運を呼び込む力があるとされています。風水と財布の素材について、まとめてみましょう。

牛革で蓄財アップ!

財布の素材として、もっとも多く使われているのが牛革です。牛革は供給量も多く、その頑丈さと見た目の美しさにより、革製品のなかでもっともポピュラーな存在となっています。牛の年齢や使用する部位によって、革の見た目は大きく異なり、同じ牛革でもバラエティー豊かなデザインを楽しめます。風水では牛革は、豊かさと蓄財を表すとされています。豊かさを表すのは、牛の肉や骨や皮など、そのほぼすべてが役に立ち、捨てる部分がほとんどないためです。牛のもつ豊かさが、そのまま蓄財に結びつくのは、極めて自然といえるでしょう。そのため、牛革の財布をもつことで、牛革の気の働きにより、財布には自然にお金が貯まるようになります。

蛇革で金運急上昇!

いにしえの時代より蛇は、聖なる生き物として、世界各地で崇められてきました。蛇は年に数回脱皮を繰り返しますが、昔の人々はそれを、蛇がその度に生まれ変わっていると捉え、蛇には無限の知恵と繁栄が備わっていると崇めたのです。蛇は実りの神でもあり、金運とも深いつながりがあります。財布に蛇の抜け殻を入れておけば、金運が上がると、昔から言い伝えられています。そんな蛇皮を財布に使えば、金運が上がることは、間違いないでしょう。蛇のもつ聖なる力が財布に宿り、金運を高めます。その金運は、蛇が脱皮を繰り返して無限に繁栄するように、お金を次々に再生し、循環させるタイプのものです。お金は流れてこそ、はじめて活きるものです。お金が順調に出て行くからこそ、また新たに入ってくる余地ができます。お金が出て行くことを無理やり押さえつければ、新しいお金も入ってこなくなります。蛇革の財布をもつことで、お金がスムーズに流れ出し、結果的に蓄財は大きくなります。そのため、蛇革の財布は、自分で商売をしている自営業者の人に、適した財布といえそうです。

羊革は吉祥をもたらす!

羊は群れをつくって生きる動物だけに、集団のなかで生きる知恵を身につけています。そんな羊の知恵に注目して、風水では羊には、良い人脈を築き、周囲から信頼や支援を受けられるようになる力があるとしています。羊革の財布をもつことで、そんな羊のパワーを手にすることができ、仕事運や家庭運が上がり、結果的に金運を上向かせます。

ワニ革は金運に強い!

ワニは一度獲物に喰いつけば、二度と離さないといわれています。そんなワニの習性から、風水ではワニ革の財布をもつと、金運をガチッと捕まえて離さなくなる、としています。もちろん、ワニ革の財布の力を得られるのは、本物のワニ革だけですので、偽物はつかまないようにしましょう。

風水で悪いとされる財布の素材とは?

革製品の財布は風水では金運を上げる効果があると伝えています。一方、ビニール・ナイロン・合皮などは、財布に限らず風水では忌み嫌われます。革がベストですが、それ以外の素材を選ぶ場合には、天然素材のものに限定した方が無難です。布製の財布は天然素材のため、悪くはありませんが、革製のものに比べると、金運を上げる力に劣ります。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る