風水と置物 招き猫編

風水

招き猫は福を招く置物として、江戸の時代から人気があるアイテムです。他の風水置物とは異なり、その見かけがいかにもユーモラスで可愛らしいことから、若い女性の部屋にも飾られることが多い置物です。

でも、風水では招き猫に招福の効果があるといっているのでしょうか? 招き猫と風水の関係についてまとめてみましょう。

招き猫のパワー

招き猫の発祥の地は、日本です。中国でも招き猫は人気の招福アイテムのため、中国から伝来したと思われることが多いようですが、日本で生まれた招き猫が中国にも伝わり、その可愛らしさゆえに、瞬くうちに中国全土に広がっていったにすぎません。

猫は、多産の象徴であるねずみを捕捉する動物であることや、前足と後ろ足を上手に操って獲物を捕まえることから、古来より福を捕まえて逃さない縁起の良い動物として、珍重されてきました。猫が手を上げる独特のポーズは、日本ではじまった意匠です。
招き猫の手の上げかたには3種類あり、それぞれに意味が異なります。右手をあげている招き猫は、お金を招いており、金運をあげるご利益があります。

対して左手をあげている招き猫は、人を招いており、商売繁盛にご利益があるとされています。さらに、どうせならお金も人も同時に招いてしまえとばかりに、両手をあげている招き猫もあります。

しかし、両手をあげるのは、お手上げを意味しており、お金も人も集まらなくてもうダメだぁと、さじを投げた状態を表すため、招福のアイテムとしてふさわしくないとされています。

そこで最近では、お手上げのポーズに見えないように、片手は高くあげ、もう片手は低くあげる招き猫も見られるようになっています。ここまで来ると縁起の善し悪しは、個人の感覚の問題といえるでしょう。

両手をあげている招き猫が可愛く見え、お手上げに見えることが潜在意識にも上らないのであれば、縁起物といえますが、頭の隅にでもお手上げのことが引っかかるのであれば、それは縁起ものにはふさわしくない、ということです。風水では、その置物を見たときの感覚が、なによりも大切となります。

招き猫の置き方

招き猫は中国で風水が発達したころにはまだ、中国には存在していない置物のため、招き猫自体の運気の効果については、中国伝来の風水では判断のしようがありません。

しかし、猫というもともと吉祥性の高い動物をかたどっていることから、風水上の招福の効果は十分にあるものと考えられます。招き猫にはさまざまな色の置物がありますが、風水の色と方位の影響はもちろん受けます。

右手をあげていようが左手をあげていようが、あるいは両手をあげていようが、色のもつ運気の影響は色濃く受けるため、招き猫をおく方位には注意してください。
・白い招き猫
招き猫としては、もっとも標準的な色です。開運招福の力があります。北西に置くと吉相です。
・黒い招き猫
厄除けにご利益があります。北と南西との相性が最適です。
・赤い招き猫
病気除けや無病息災のご利益があります。東に置くことで、健康運と仕事運を上げられます。
・金の招き猫
金色はもちろん金運をつかさどります。西に置くことで金運アップを期待できます。
・ピンクの招き猫
恋愛運を高めてくれます。東か南西に置くことで良縁に恵まれます。
・青い招き猫
学業と就職にご利益があります。東に置くことで受験や入社試験に福を呼び込めます。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る