風水と置物 虎編

とら

「白虎」は、風水四神獣のひとつです。風水では虎にも運気をつかさどるパワーがあると、教えています。虎の置物をおくことで、どのような運気に影響を及ぼすのでしょうか? 虎の置物と風水の関係について、まとめてみましょう。

虎の置物に秘められたパワー

白虎は西の守護神です。虎が五百歳を迎えると、白虎になると言い伝えられています。西は、強い西日が差す方角です。西日があたりを黄昏色に包むなか、それでも白い姿を見せる白虎には、孤高のなかにあっても決然として立ち向かう強さが、暗示されています。

白虎にはさまざまな役割が課せられていますが、一番はなんといっても悪気退散です。白虎のもつ鋭い眼光と牙が悪気に向かって襲いかかり、瞬くうちに悪気を蹴散らしてくれます。


元来、中国では虎は、ものごとのはじまりを象徴する縁起の良い動物として、扱われてきました。厄除けのお守りとしても、古くから使われてきただけに、悪気を退散させる力は半端ではありません。

百獣の王といえば獅子のイメージが強いと思いますが、中国では虎の額にある斑紋が「王」の字に見えることから、虎こそを百獣の王としてきました。悪霊さえも喰い殺すといわれる虎は、まさに魔除けのシンボルとして君臨してきたわけです。

風水でもそうした魔除けの力は受け継がれていますが、さらに一歩進んで、良い気が逃げないように睨みをきかせる役割も、虎の置物に課しています。

そのため、悪気を追い払い、良い気は逃がさないように見張る虎のパワーを活かす場所に、虎の置物をおく必要があります。

虎の置物の飾り方

虎の置物を飾るにふさわしい第一候補は、玄関です。玄関はあらゆる気の出入り口です。虎の置物をおくことで、悪気の侵入を防ぐことができます。ただし、置き方には注意が必要です。

玄関から入った気は、反時計回りに伝わる習性をもっています。そのため、玄関の右側や正面に虎の置物をおくと、悪気を退散させるとともに、良い気までもいっしょに追い払うことになります。

これでは逆効果になりますので、避けてください。虎の置物をおくべき場所は、玄関の左側です。こうすることで、玄関から入った悪気が、玄関から家のなかへと入ろうとした瞬間に虎のパワーが喰いつくため、悪気を消し去ることができます。

また、良い気が玄関だけをぐるりと回って出て行こうとするとき、虎の置物が睨みをきかせることで、良い気が家のなかへと自然に導かれます。まさに西の守り神の面目躍如といったところでしょう。


玄関の左に置く虎の置物は、玄関の右側に置く龍の置物とセットにして配することで、竜虎ともに、より強いパワーを発揮します。設置するのであれば、龍と虎を両方飾った方がよいでしょう。

置物の大きさは、そのままパワーの大小を左右します。どちらかのサイズが極端に違うと、バランスが崩れるため、できるだけ同じサイズに揃えてください。
また、牙をむく荒々しい姿からは想像できないかもしれませんが、風水では白虎は月の女神の化身でもあり、子宝と安産を導くともいわれています。

玄関に虎を飾ることで、そうした効能も期待できます。さらに虎は、親子間や夫婦間を守る動物ともいわれています。そのため、リビングの左側など家族が集まるスペースに置くことで、親子や夫婦関係をはじめ、人間関係を安定させる働きをしてくれます。
しかし、寝室や個室に飾ると凶獣になるため、避けるようにしてください。一日の疲れを癒やすべき寝室や個室では、悪気を力尽くで追い払うのではなく、観葉植物の力を借りるなどして、悪気を優しく中和したほうが、風水では理にかなっています。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る