風水と絵画・写真 北・北東・東編

風水

絵画や写真を部屋の壁に掛けることで、部屋の印象はずいぶん変わります。見た目を大きく変えるアイテムは、風水でも大きな影響を与えるアイテムとして扱われることが普通です。

そのため、絵画や写真であれば、どんなものでも飾ってよいわけではありません。花や風景の絵画・写真を飾ればもっとも無難で、開運効果が高くなります。

見ていて気持ちが華やいだり、落ち着くようなものを選べば大丈夫です。黒が多い暗い色調のものは、避けるべきです。

戦争に関連するものや、鋭い幾何学模様を描いたものもNGです。幾何学模様のなかには波形が隠されていることが多く、気の流れに少なからぬ影響を与えることが多いため、注意が必要です。


風水では方位に合わせて絵画・写真を選ぶことで、運気を高めることができます。方位ごとに、どんなものを飾ればよいのか、まとめてみましょう。まずは、北・北東・東編です。

北に飾るとよい絵画・写真

北は水の気が強い方角として知られています。そのため、水辺の風景を描いた絵や写真が、もっとも適しています。たとえば湖や池・海・港などを描いたものがよいでしょう。

暗い色調のものよりも、明るい水辺を描いたものの方があっています。水がもつ落ち着きや、冷静さを保つことができるようになります。ワインレッドやピンク・オレンジなど、暖色系が目立つ絵画や写真であれば、さらに効果的です。たとえば水辺を背景に、淡いピンクの花が咲き競うような構図のものが見つかればベストです。北は仕事運をつかさどる方角のため、こうした絵画・写真を飾ることで仕事運がアップします。


また、仕事運と関連が深いため、魚をモチーフにしたものも、おすすめです。出世運を高める鯉の滝登りは、昔から開運グッズとして認められています。書斎や子供部屋の北側の壁に飾るのも、効果的です。

北東に飾るとよい絵画・写真

北東は土の方位で、学業運や発展運をつかさどります。風水では特に、白い雪に覆われた山の土の気が支配する方位として扱われます。

そのため、雪山をモチーフにした絵画・写真を飾ることで、開運効果を期待できます。ことに学業運を上げたい場合は、智の象徴とされる象を描いたものが、良いとされています。

また、土を表す地図の絵や写真も、学業運を引き上げてくれます。本物のアンティークはよくありませんが、アンティークっぽく黄色がかかったセピア調の地図なども、土の気と黄色のパワーを引き出せるため、相乗効果を期待できます。受験を控えている家庭や、資格取得を目指している場合は、積極的に取り入れてみるとよいでしょう。

黄色と白が目立つ春の野原や花畑などをモチーフにしたものも、家族全員の健やかな発展に効果を発揮します。

東に飾るとよい絵画・写真

東は木の方位で、健康運をつかさどります。東にぴったりの絵画・写真は、樹木や花をモチーフにしたものです。そこに川や湖、海や滝などの水が加わっていれば、水が気を育んでくれるため、より強く健康運をサポートしてくれます。また東は朝日が昇る方角でもあるため、仕事運や発展運にも影響を与えます。

最近、仕事がうまくいかないなぁと悩んでいる場合には、東の方角の壁に、湖を囲むように森林がそびえているような絵画・写真を飾ることで、仕事運を引き寄せることができるでしょう。

七福神が船に乗っている絵は江戸時代からある風水画として知られていますが、東に飾ることで大きな開運効果を期待できます。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る