風水と紫色の財布

紫色の財布は、財布としてはけして一般的な色ではありませんが、紫の濃淡次第でエレガントなデザインになるため、最近では女性に人気があるようです。ビビットな紫であれば活気にあふれ、パープル調の紫であれば上品な仕上がりとなります。紫のなかに多彩なイメージが表現できるだけに、紫の財布からは持ち主の芸術的な感性が伝わってくるようです。風水では紫色の財布をどうのように見ているのか、まとめてみましょう

紫のもつ神秘的なパワー

紫は日常生活では、あまりなじみのない色ですが、宗教や精神世界では俄然、注目度が高い色です。紫という色自体に、スピリチュアルな世界に人を誘う神秘的な力が秘められているようです。それだけに古代より人は、紫色を高貴な色としてきました。たとえば、飛鳥時代に聖徳太子が定めた冠位十二階では最高位の大徳に紫色をあてています。中国の冠位でも最高位の色は紫です。また、僧侶の格は着ている袈裟の色で区別できますが、最高位の僧侶でなければ、紫の袈裟を着用することは許されませんでした。紫は庶民の暮らしとはかけ離れた高貴な色として、何千年もの間、限られた人しか身につけることができなかった色なのです。
紫色が一般から隔絶された理由の一つは、紫のもたらす神秘的な力が世間に流出することを封じるため、と考えられています。紫色を通じて見える精神世界を聖職者が独占することで、宗教が成立したわけです。ですから、知性や芸術性を高めたい場合や、直感力を高めたい場合には、紫の財布を身につけることで、その恩恵にあずかることができます。

紫色の財布と金運

金運に関しては、紫色の財布にはなんの力もありません。精神世界に深いつながりのある紫と、世俗にまみれた財運とは、なにもつながるものはないからです。風水では紫は、赤色と同じく「火」の気の属性をもっています。赤色の財布をもつと、赤のもつ火の気が金を溶かしてしまうため金運を下げる、という間違った風水の解釈が浸透しているため、紫色の財布にも同じことが当てはまってしまいます。そのため、紫色の財布が金運を下げるという俗説がありますが、もちろんそんなことはありません。火の気に属するものがすべて金運を下げるという強引な解釈は、中国伝来の風水にはありません。紫色の財布には金運を上げる要素がないだけで、金運を下げることもありません。
紫色の財布がもたらしてくれるのは、金運ではなく、ステイタスです。風水では紫色を高貴な色と捉え、紫色の財布をもつことで、持ち主の社会的な地位を高めることができるとしています。具体的には昇進や出世運が上向く、ということです。
紫の財布をもったからといって、宝くじが当たったり、競馬やパチンコで勝てるわけではありません。しかし、地道な努力をコツコツと続けることで周囲から実力を認められ、昇進や出世へとつながる力を、紫色の財布から分けてもらえます。社会的なステイタスが上がることで、結果的には収入や貯蓄が増えることでしょう。
紫色の財布には、金運を直接上げる力はありませんが、社会的なステイタスを引き上げることで、金運を上げたいという欲求を十分に満たすことができます。
また、紫には別離の力があるとされています。誰かとの縁を切りたいときには、紫色を近くに置くことで、紫の別離の力を縁切りに利用できます。もちろん持ち主が望まない限り、勝手に縁切りの力は働きませんので、安心してください。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ