風水と瑞獣

風水

瑞獣とは伝説上の幻の動物のことです。なにか良いことがある前兆として姿を現すと言い伝えられています。その歴史は古く、すでに数千年来、人類の歴史に寄り添うように瑞獣は語り継がれてきました。

龍もまた、瑞獣のひとつです。風水と瑞獣の関わりも古く、風水では瑞獣には衰気や邪気を防ぎ、運気を高める力があるとして珍重してきました。風水と瑞獣の関係についてまとめてみましょう。

瑞獣のパワー

瑞獣は賢く、善良な人を見分けて助けると伝えられています。人に仕える獣のため、本来は主人を助ける役目を負う瑞獣ですが、主人が善を欠いていたり、悪事を働く場合は、一切手助けしません。

主人が善良で、なおかつ仁愛の心をもって接するからこそ、瑞獣は忠義を尽くします。瑞獣の置物をおくということは、あなた自身がその瑞獣の主人になることを意味します。

あなたが瑞獣に見せる態度によって、瑞獣の対応も異なってきます。瑞獣をホコリが積もったままにほったらかしたり、瑞獣のご利益について半信半疑だったりすると、瑞獣もまた、あなたを突け離し、邪気から守ってくれなくなります。

また、単なるご利益の道具としか見られていないとわかると、瑞獣の士気は次第に低下して、じょじょに効果を失っていきます。瑞獣はことさらデリケートな守り神なのです。


瑞獣を置くことで運気が上向きになることを期待できますが、その分、瑞獣に対する感謝を常に胸に留めるようにしてください。ホコリがかぶらないように、定期的にしっかりと拭いてあげながら、感謝の言葉を心のなかでかけてあげてください。そうすることで瑞獣は、あなたのために忠義を尽くし、吉祥と平安をもたらしてくれます。
では、代表的な瑞獣について紹介しましょう。

麒麟(きりん)

キリンといっても、動物園にいる首の長いキリンのことではありません。キリンビールのラベルにもなっている、あの麒麟です。古代より、すべての獣は麒麟から生まれた、と言い伝えられています。

麒麟の姿は、身体は鹿、顔は狼、蹄は馬、尻尾は牛、角は肉に包まれ、全身は鱗に覆われています。麒麟の「麒」は雄を表し、「麟」は雌を表します。


性格は温厚にして高貴であり、聡明で勇敢な吉祥仁愛の瑞獣として知られています。人格の優れた皇帝が現れると、それを祝うために麒麟が姿を現すと言い伝えられています。

その慈悲の心をもって周囲の気を穏やかに鎮め、場のエネルギーを安定させる力があると、風水では教えています。殺気や邪気を払う力に優れているため、風水では麒麟の置物を、家の形状による殺気を緩和するためによく用いています。

また邪気を払うことで幸福を呼び込み、災難をよけたり、泥棒を遠ざける際にも、麒麟の置物は効果的です。万能アイテムのため、どの部屋のどの方位に置いても、きちんと役割を果たしてくれます。

必要なのは、愛情を注ぐことだけです。雌雄一対で設置しても、凶相の三方位に一体ずつ置くことも有効です。窓辺や玄関におけば、泥棒除けにもなります。リビングなど、家族が集まる場所に置けば、家族全員を邪気から守り、幸福を運んでくれます。
ちなみにウルトラ怪獣のドドンゴも、麒麟をモチーフにして造られているため、風水の麒麟と同じ効能を期待できます。緑色と金色が混じり合い、色彩的にも心を癒やす効果がありそうです。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る