風水と復縁

復縁

それまで平行線をたどっていた二人が、ふとしたきっかけで交わり、しばらく共に寄り添いあいながら愛を育んだのに、次第にすれ違うようになり、やがては遠ざかっていきます。人は出会いと別れを繰り返しながら、それぞれの人生を歩いています。それでも、いっときは納得して別れたはずなのに、どうしても忘れられない人がいます。もう一度、声が聞きたくて、もう一度逢いたくて、切ない思いに眠れない夜もあります。そんなやるせないとき、風水が一条の光になるかもしれません。人が幸せになるために、運気を自らの手で思い通りに操ろうと体系化されたのが、風水です。悲しいほどに復縁を願ったのは、現代も四千年前に生きていた古代の人々も、なんら変わりありません。風水には、復縁をかなえるための術も言い伝えられています。ダメ元でやってみませんか? 風水で行う復縁大作戦のはじまりです。

風水が導く、ほんとうに別れた理由とは?

愛し合っていたはずの二人が別れた理由は、いろいろとあることでしょう。どちらかの心変わりが原因であったり、転勤などで物理的に距離が開いてしまったり、ささいなことで喧嘩をしてしまったり……。別れの数だけの、別れる理由が存在するといっても過言ではないでしょう。しかし、風水に照らし合わせるならば、別れた理由はただひとつです。それは、二人の気のバランスが崩れたためです。
風水では、この世界にある森羅万象に気が宿るといっています。では物質の本質は、物体なのでしょうか? それとも気なのでしょうか? 気は現代の言葉に置き換えれば、エネルギーのことです。物質をどんどん分解していくと原子や分子が残りますが、それをさらに細分化していくと、最後はエネルギーになると量子力学では教えています。万物は仮の姿に過ぎず、その実体は気であるとする風水の理論と、現代の最先端科学が、奇しくも同じ結論に達してることは興味深い事実です。

風水復縁術の極意

すべての物質が気でできているのであれば、人もまた、その実体は気です。「類は友を呼ぶ」性質をエネルギーはもっています。人と人が惹かれ合うのは、同じ波動をもつ気が共鳴したからです。風水では気が波のように伝わるとしていますが、これはすべてのエネルギーが波動をもっているという現代科学の見解と一致しています。良い気と悪い気が混じり合い、波動を生みます。人の発する気とは、この波動のことです。波動は同じ周波数の波動同士で共鳴し合い、その振幅をより強くします。恋愛とは、似た波動同士が、こうして共鳴し合う状態のことを指します。
では、なぜ別れるのかといえば、二人のもつ波動に変化が生じたからです。どちらかの波動の周波数が、ずれたために、もう共鳴できなくなったからです。ラジオのチューニングが微妙にずれるだけで、音が聞こえなくなることと原理は同じです。
心のすれ違いや物理的な現象は、すべてのこの波動のずれから生じたものです。はじめに「気」ありき、です。ここまで理解できれば、復縁のためになにをしなければいけないのかも、自ずからわかってきます。ラジオのチューニングを元に戻してあげればよいのです。二人の気を、以前のように同じ周波数の波動へと戻すことで、再び気は共鳴し合い、愛は復活します。ともに愛し合っていたときの幸せに満ちた気持ちやときめきも蘇り、二人で過ごす時間が再び時を刻みはじめます。
理論を抑えたところで、気を合わせるための具体的な風水復縁術について、次回に説明しましょう。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る