風水と寝室

寝室

寝室は寝るだけの場所だから、たいして気にかけなくてもよいと思いがちですが、実は違います。風水では、人は寝ている間に気を取り込み、運を補充すると考えます。人は一日の疲れを寝室でリセットし、寝ている間に明日への活力を補います。そのため、風水では寝室は、玄関に次いで大切な空間と位置づけています。風水の力を借りて、心地よい眠りを得られる寝室にすることで、健康と運気の両方を手に入れることができます。風水を使って、寝室を整えてみましょう。

寝室での風水の基本

寝室では、運気をスムーズに吸収できる環境を整えることが大切です。玄関と同様に、まずはきれいに掃除することからはじめましょう。良い気は、清潔できれいな空間を好んで集まります。次に運気を吸収できるように、運気を逃さない寝室にしないといけません。運気が逃げて行く場所は窓です。カーテンが一重のものでは不十分で、寝ている間に運気はどんどん窓から逃げていってしまいます。カーテンは必ず二重にしてください。レースとカーテンの組み合わせが、もっとも自然です。ここまでできたなら、あとはベッドの位置を決める作業が残ります。ベッドの位置を決めるには、人それぞれに幸運をもたらす方角に合わせる必要があります。ですが一般的には、寝室の東から北の間にベッドを配置すれば大丈夫です。枕の位置は、風水では北が最良と教えています。日本では昔から北枕は避けるという風習がありますが、風水では頭を冷たい北方向におき、足元を温かい南方向に向けることで、気をすっと吸収できると考えます。人は寝ているとき、頭から気を吸収するからです。北に枕を向けることで、金運も上昇します。南と西向きの枕は、熟睡を妨げるため、よくないとされています。

寝室の風水で気をつけるべきこと

風水を寝室に取り入れるために、気をつけなければいけないことが、いくつかあります。ひとつは寝室の明るさです。その方が熟睡できるからと、寝室を真っ暗にして眠る方も多くいますが、風水では暗い寝室は嫌われます。真っ暗な部屋は陰気がもっとも好む住みかとなるため、悪い気が充満します。テーブルランプなどワンポイントでも十分ですから、寝るときに明かりをちょっとだけつけておくようにしましょう。
気を取り込むためには、足元を温かく保つ必要があります。ベッドから降りる位置には、ラグマットなどを敷き、足元が冷えないようにしてください。ラグマットは見た目にも、寝室を引き立てます。
布団カバーは、木の気をもつコットンなどの天然素材を選んだ方がよいです。寝ているとき、人は水の気をもつため、木の気と組み合わせることで、気が順調に流れるようになります。流れた気は、ベッドの下をも満たします。ベッド下に収納スペースを置き、衣類を入れておくと、その衣類にも自然に運気が溜まるため、良縁に恵まれるという恩恵を得られます。ベッド下を有効に使ってみてください。
ベッドと壁の間に隙間があると、そこにも強い気が流れ込みます。ただし、ベッド下と異なり、この強い気に触れると落ち着かなかったり、眠れなくなることがあります。ベッドは壁にピタリとつけるように置いた方が、よく眠れるようになります。
また、自分の寝姿が映る位置に鏡を置くことは、強烈にNGです。これは「鏡光殺」と呼ばれる凶相で、思いがけない災厄をもたらします。鏡を移動するか、鏡にカバーを掛けるようにしてください。鏡は気や想念を反射するため、風水ではことのほか取り扱いに注意する必要があるのです。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る