風水と壁紙

壁紙

家のなかで、もっとも目立つ場所と言えば壁です。玄関のドアを開けた瞬間に、まず目に飛び込んでくるのは玄関の壁紙です。リビングでも、寝室でも、トイレでも、壁紙は抜群に目立っています。

壁紙の色は、人の心理に微妙な影響を及ぼします。そして風水においても、壁紙の色によって、運気は大きく左右されます。風水に基づき、良い気を取り込むためには、どんな壁紙を選べばよいのでしょうか?

白い壁紙と風水

壁紙のなかで、一番人気があるカラーと言えば、白です。白はどんなインテリアとも相性が良く、明るくハイセンスな部屋づくりには欠かせない壁紙です。風水では、白はリセットの色と言われており、浄化作用がとても強い色とされています。

通常、風水では方位によってラッキーカラーが決まりますが、白い壁紙は方位による影響をほとんど受けません。どの方位でも白は浄化作用を発揮します。

なぜなら、白はもともと強い陽のパワーをもっているからです。陰の気を払い、不運を弱める力を白はもっています。ことに陽の光が、あまり射し込まない部屋であれば、白い壁紙を積極的に使うと良いでしょう。白は金運を上げる効能もあります。

赤系統の壁紙と風水

風水では赤系の色は、火の属性をもっており、人気運が上がる色とされています。とはいえ、部屋の壁紙を真っ赤にすることは、まず考えられませんよね。ピンクやラベンダーのように、薄い赤系統の色の壁紙を選ぶことが、一般的です。

よく病院の小児科や産婦人科では、淡いピンクの壁紙が選ばれています。これは風水の上でも、とても効果的です。病気で気が弱っているときには、白よりも暖かみのあるピンクの方が、良い気を招きやすいからです。

淡いピンクは、母親の胎内の色に近く、精神を落ち着ける作用もあります。リラックスしたい部屋の壁紙には、淡いピンクを選ぶとよいでしょう。方角としては、北や東南、西との相性が良いとされています。

グリーン系の壁紙と風水

グリーンは風水では木の属性をもっており、健康運や金運をアップさせる色です。緑は森林の色であり、グリーン系統の壁紙に囲まれていると、自然に癒やしを得ることができます。パステル調の淡いグリーンでも、効果は同じです。グリーン系は東や南東との相性が抜群です。

青系の壁紙と風水

青の属性は水です。水が流れるように、仕事運の鍵を握るのが青色です。心理学的にも青は、人を冷静にさせる力があるとされています。工場など単純作業を行う現場の壁紙に、青系統が多いことも、よく知られています。

青系統の壁紙に囲まれていると、時間の経過が早く感じられると結論づけられた心理実験もあります。自宅で仕事をすることが多い場合は、その部屋の壁紙を青系統にすることで、仕事運をアップできます。相性の良い方位は北です。

黄色・ベージュ系の壁紙と風水

黄色・ベージュ系は、土の気を表しており、子ども運や金運をアップさせます。黄色はもともと明るい色であり、ポジティブ思考を象徴する色でもあります。

家族が集まるダイニングの壁紙に黄色・ベージュ系をあわせると、家族みんなで明るく暖かく元気に食卓を囲めるようになります。方角は南西と北東になります。

壁紙ひとつで、運気を劇的にあげることができます。風水にしたがって、壁紙の張り替えにチャレンジしてみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る