風水と四神

風水と四神

東西南北の守護聖獣である四神は、ファンタジーやロールプレイングゲームのなかでも度々登場することから、一昔前よりはかなり知名度が上がっているようです。世界中でヒットしたゲーム・ファイナルファンタジーでも、ジョブの一つとして風水士が登場し、四神が活躍しています。日本では四聖獣や四神獣などの名称が、よく用いられています。
四神とはすなわち、東の青龍(せいりゅう)・南の朱雀(すざく)・西の白虎(びゃっこ)・北の玄武(げんぶ)を指します。青龍とはその名の通り、龍の化身であり、朱雀は五色の羽を持つ美しい鳥で、火を操る神獣です。白虎は月の女神の化身である白い虎で、玄武は甲羅を背負い、亀と絡みつく蛇と一体となった守護神です。
四神は中国の古代の神である三皇五帝のうちの五帝を守護する役目を負っており、五帝の住む東西南北をそれぞれ護っています。四神の強さは比類なく、古代中国の妖怪たちは、その法力無限の四神獣をもっとも恐れたと伝えられています。

四神の起源と歴史

四神の起源は、すでに周代に見受けられますが、四神の姿が現在のように定まり、一般に浸透していったのは漢代の頃です。その頃は、青龍と白虎は天の精を得ており、四方の方角をつかさどる働きがあり、朱雀と玄武は天の星をかたどっており、陰陽を順調にする働きがあるとされていた、とする説もあります。
四神の伝承は、中国古代の天文学に基づいて発展したとみられています。当時の天文学といえば陰陽五行説ですが、人々は夜空を仰ぎ、東西南北の方角を五行にのっとって色で分け、それぞれに神獣を割り当てました。それが青龍・白虎・朱雀・玄武の四霊であり、皇帝の住む皇宮を守護していると考えました。古い経文である仙経のなかには、「左には十二青龍、右には二十六白虎、前には二十四朱雀、後ろには七十二玄武がいる。気勢は十分で、威風堂々である」と記されています。
この時点ではまだ、四霊は神とは扱われていませんでしたが、宇宙を象徴する玄武は生命をつかさどるとしたことで、人々の間に玄武信仰が広がり、やがて玄武は大帝として祀られるようになりました。そうなると同列であった青龍・白虎・朱雀も、自然と神格化されるようになり、道教の寺院では守護神として祀られるようになりました。以来、四神として、青龍・白虎・朱雀・玄武は信仰の対象となっています。
また、五行説にあうように、東西南北を護る四神に加えて、中央に黄龍をおくことで五神となし、これをもって五行の一環を形成するとされています。

四神の置物

青龍・白虎・朱雀・玄武の四神の置物を設置することで、風水では四神に守られた空間を造ることになり、陰陽の気のバランスがとれた理想的な環境を手に入れられるとしています。玄関の出入り口を常に南と考え、東に青龍、西に白虎、南に朱雀、北に玄武を置きます。家全体ではなく、リビングなど特定の部屋を四神で守りたい場合は、部屋の入り口を常に南と考え、それぞれの四神を設置します。こうすることで四神が結界を張り、悪気の侵入を防ぎ、魔を弾き、良い運気が流れ込むとともに活性化して、家族を災厄から守り、幸福をもたらしてくれます。台座の上に乗った四神の方が、さまざまな運気を強力に招いてくれるともいわれています。
四神が彫られた水晶をデザインしたプレスレットなども、風水の開運グッズとして、人気のようです。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る