風水と四神 白虎編

風水

四神のひとつである白虎は、西の守り神です。白虎はそのあまりの強さゆえに、まがまがしい力をも持ち合わせているため、取り扱いには注意が必要です。白虎についてまとめてみましょう。

白虎と四神

白虎といえば、たまに動物園で見かけるホワイトタイガーを連想するかもしれませんが、これは遺伝子疾患によるアルビノ種に過ぎず、もちろん四神の白虎とは異なります。

白虎はれっきとした神獣です。その法力無限の力は青龍に次ぐものがあり、青龍とともに邪を鎮める役割を負っています。

白虎は二十八星座のなかで西方の七星座をつかさどっています。
白虎は細長い身体をもつ白い虎の形をしており、その動きは粛々として静かであるものの、その咆哮は山林を動かすと伝えられています。

中国ではライオンではなく、虎を百獣の王としていますが、そのなかで五百年生き長らえた誉れ高い虎だけが、白虎になると言い伝えられています。四神のなかではもっとも高齢とも、あるいはもっとも若いともいわれており、なにかと謎の多い神獣のようです。
ただし、四神として確定したのはもっとも遅く、漢代では西の守り神に白虎ではなく、麒麟をあげている書物も残されています。また「史記」では「東宮蒼龍、南宮朱雀、西宮咸池、北宮玄武」と記されています。

ここでは西には白虎ではなく、咸池があげられています。咸池とは、そのまま池のことであり、動物ではありません。咸池が主に五穀の星であり、秋に収穫されることから秋の象徴になったと考えられていますが、なにやら違和感を覚えます。


大昔の人々にとっては、星座を見上げて青龍白虎をイメージする観念自体がなかったようです。やがて陰陽五行に基づき、東西南北に四霊を配することになり、無理矢理動物を当てはめる際に、咸池から麒麟へと改められました。

それからだいぶ時が経ち、後世では四霊に麒麟をおき、四神に虎を置くように、じょじょに改められていったようです。

殺伐の神としての白虎

白虎は戦の神でもあり、殺伐の神でもあります。青龍とともに戦うことが多く、雲の間から龍が襲い来て、風とともに虎が襲い来ると、魔物たちを震え上がらせました。

白虎は武威と軍隊を象徴します。古代の軍隊では、旗に白虎が描かれていることが普通でした。どんなに強い魔物が襲いかかろうとも、白虎は咆哮によってその威勢をくじき、鋭い牙で魔物を喰い殺します。


その一方で、あまりに凶暴なことから、ときに凶神としても恐れられてきました。古い書物には、「白虎は年中では凶神なり、常に年の後ろの四辰に居る。居住の地は災いが訪れ、主には喪服が必要な災いが訪れる」とあります。風水でいうところの「喪門白虎」、あるいは「退財白虎」がこれです。

「喪服が必要な災い」の文言が、なんともリアルです。また別の書には、「白虎は凶神で堂に座している間、必ず災いが起こり、内にも外にも孝は現れず、流血は避けられない」とあります。
白虎はすぐれた破邪の力をもつとともに、殺伐の神ゆえに、一歩間違えると凶神に転ずることを知っておく必要があります。

白虎の置物と風水

白虎は他の四神と異なり、条件によっては凶神としての負のパワーが発動してしまうため、設置には十分な注意が必要です。安易に部屋に置くことは、おすすめできません。

玄関を入って右側に青龍を配し、左側に白虎を配するなど、設置場所は限定されると思った方が無難です。
風水では白虎は、金運・財運・仕事運・商売運・家庭運など、多くの運気を上げてくれるとしています。邪気を退け、吉運を運んでくれます。
また、月の女神の化身でもあるため、子宝と安産を導いてくれるともいわれています。白虎の属性は「金」になるため、西の方位に置くことで、その働きをより強化できます。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る