風水と四神 玄武編

風水

北の守護神である玄武は、古代中国の最高位の神である真武大帝の仮の姿であり、四神最強といわれています。日本ではあまり知名度がありませんが、風水では宇宙の象徴として扱われるほどに重要な扱いを受けています。玄武についてまとめてみましょう。

玄武とは?

玄武は時代によって、その姿が異なります。胴体が亀で頭が龍になったものや、亀に蛇が巻き付いた姿のものがあります。あるいは尾が蛇になっている場合もあります。

亀と蛇が絡み合った姿が一般的であり、宇宙の性的結合を象徴しているといわれています。やがて宇宙は陰陽をもって結合され、世界が再生されたと伝えられています。

玄武こそはまさに、宇宙に満ちる生命の象徴でもあります。玄武は四神のなかでも、もっとも古くから北の守り神として選ばれており、その力は四神最強を誇ります。


古代中国において亀は長寿と不死の象徴であり、蛇は生殖と繁殖の象徴でした。このふたつが絡み合うことで、太極図に端的に示されるように、永遠に陰陽の変転を繰り返す宇宙の秩序が生まれました。


玄武の本来の漢字には「玄冥」があてられていました。「玄」は黒色を表し、「冥」は冥界の意味で、陰を表します。玄冥は亀甲占いに由来しており、亀を冥府へ送り込み、祖先に詣でることで答えを受け取って戻ってくることを表しています。

このことから、もっとも初期の玄武が亀だったことがわかります。古代中国の書物には、「玄武は亀なり」とはっきり記されています。これが後漢書になると「玄武は北方の神で、亀と蛇が合わさったもの」と変化しています。

玄武は亀蛇が合わさることで水神となり、冥界に自由に出入りできることから、冥界のある北の守り神となりました。青龍白虎が四方を掌握して魔物から守り、朱雀玄武が陰陽のバランスを保つことで、宇宙は成り立っています。

さらに玄武は、冥界に通じて占いの神託を受けられることから、「真武大帝」と称されるようになります。

真武大帝と玄武

古代中国にとって、北の守護神に玄武をあてることには、大きな意味がありました。北は漢民族にとって、常に異民族の侵略にさらされる場所だったからです。たとえば五胡十六国の時代の遼や金が、これです。

北方の異民族との対決は、漢民族の存亡をかけた熾烈な戦いであり、北の守護神には最強の神をあてる必要がありました。

古くは毘沙門天が北の守護神であり、のちに玄武に変わり、真武となり、さらには真武大帝(玄天上帝)へと進化していきました。それとともに玄武の本体であった亀と蛇は、真武大帝配下の神となり、蛇将軍・亀将軍の二将に変化していくことになります。
真武大帝は、中華圏では誰もが知る神です。その聖地は湖北省にある武当山に開かれ、壮麗な建築を数多く目にすることができます。これらはユネスコの世界遺産にも登録されています。

廟は中国各地におよび、台湾はもちろん、ベトナムなどでも祀られています。冠をつけないざんばら髪のまま、黒い服を身につけ、七星剣という強い武器をもち、裸足の足元には亀と蛇を踏みつけています。

真武大帝は道教の神々のなかでも、最高クラスの神として位置づけられています。

玄武に秘められたパワー

風水では玄武は、厳しく吹き荒れる逆風を防いで運気を高め、繁栄と長寿・招福をもたらすとされています。四神のなかでもっとも強いといわれる霊力をもって災厄を寄せ付けず、財や富をもたらしてくれます。また、病を癒やす力にも長けていると伝えられています。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る