風水と四神相応

四神相応

いわば風水とは大地の気脈を読み、気の流れを制御する学問です。風水で考える最高の地形や地相とは、四神に守られていることです。これを「四神相応」といいます。四神相応の地は、良い気の通り道である龍脈が張り巡らされており、そこに暮らすことで繁栄と幸せを得られるとされています。古代中国の皇帝をはじめ、日本の権力の中枢にいた者たちも、都市を造る際には、四神相応の地を選びました。平城京や平安京は完璧なまでに四神相応の地に造られており、鎌倉や江戸も風水の知識に長けた僧侶や陰陽師の指示の下に、四神相応の図を取り入れることで、何百年にもわたって栄えたことは、よく知られています。なかでも東京の龍脈の流れは、よく計算し尽くされており、江戸の時代から続いて今もなお、世界最大の都市として栄えています。では具体的に、どのような土地が四神相応の地になるのでしょうか? 風水で定める四神相応について、まとめてみましょう。

中国風水の四神相応

四神と実際の地形をどう対応させるのかは、中国と日本の風水では異なっています。まずは中国風水の四神相応について見ていきます。中国風水では理想の地形を、龍・穴・砂・水の四つの要素を使って探し出します。「龍」とは龍脈を表しており、高い山の頂から龍脈を伝って、良い気が流れ落ちてくることを意味しています。「穴」は龍の棲む穴のことであり、いわゆる龍穴です。龍脈を伝って流れてきた良い気が、溜まる場所のことです。「砂」は穴の周辺にある丘や小高い山を意味します。砂があることで、龍穴を守るための凸地ができます。「水」とは、河川や池・湖・海などを意味します。生命の源である水は良い気を清らかに保つために必要であり、水があるからこそ、龍穴に集まった気の力を活かすことができます。
この四つに方位を割り振ることで、四神相応の地は完成します。すなわち、北に龍が降りてくる山を配し玄武とし、西には北よりも低い凸地を配して白虎とし、東は西よりもさらに低い凸地を配して青龍とし、南に開けた海や湖などを配して朱雀とし、四神相応の地と定めました。この四神相応の地に棲むことで、天地の気を十分に受け取ることができ、繁栄を築くことができます。
長安など中国の古代の都市は、四神相応にしたがって造られています。日本の平安京(京都)や江戸(東京)も、中国風水の四神相応の地にかなっています。

平安京に見る四神相応

平安京は桓武天皇によって築かれた都ですが、中国風水の四神相応の地に、見事に対応しています。北の玄武には丹波山地である北山があり、もっとも高い山々がそびえています。東の青龍には東山三十六峰があり、北よりも低い山々が構えています。西の白虎には嵐山があり、東山よりもやや低い山々が守っています。南の朱雀には淀川水系の合流点や巨椋池があり、西国街道や京街道などを配することで開けた地となっています。このうち巨椋池(おぐらいけ)は埋め立てられたため、現在は存在していません。そのため現在の京都は、四神相の地ではなくなっています。平安京の大内裏から見ると、巨椋池があってこそはじめて背山臨水の地となり、四神相応の地が完成することがわかります。
時代とともに川の流れも変化し、人の流れも変われば、気の流れも変わってきます。変転のうちにこそ、永遠が生まれます。それは、陰陽の気が常に互いに陰陽に移ろいながらも、それでも永遠を目指すこととなんら変わりはありません。
次回は日本風水での四神相応について見ていきましょう。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る