風水とリビング

リビング

リビングは家族が集う大切な空間です。テレビを見たり、音楽を聴いたり、本を読んだりと、一日のなかでもリビングで過ごす時間は多くなりがちです。風水を使って、居心地がよく、なおかつ開運につながるリビングづくりに挑戦してみましょう。

リビング風水の基本

風水に基づくリビングにするための、はじめの一歩は、お掃除です。リビングに良い気を招き入れるためには、清潔できれいな空間を、まずは心がけましょう。リビングの外に出せるものは、すべて出して、部屋の隅まで入念に掃除をしてください。余分な物をリビングから出していることで、リビングがずいぶんすっきりと広く見えますよね。ごちゃごちゃしたリビングだと、良い気には避けられ、悪い気ばかりが溜まることになります。リビングには、できるだけ物を置かないことがポイントです。季節外れの物などは、さっさとどこかにしまってください。人が見て清潔ですっきり広々としていて居心地がよいと感じられるリビングであれば、良い気に好かれ、悪い気は自然に去って行きます。風水の基本をまずは、しっかりとおさえてください。

ソファで運気が決まるリビング風水

リビング風水では、ドアの周りに物を置かないことが大切です。気は目には見えませんが、空間を漂っています。物があると、その分、気の流れが悪くなります。ソファーをドアの近くに配することも避けてください。ソファーは出入り口からできるだけ離して、部屋全体を見渡せる位置に置くようにします。ただし、ドアの真正面にソファーを置くレイアウトはNGです。ドアから入ってくる気は、必ずしも良い気とは限りません。悪い気が入ってきたとき、まっすぐにソファーに座っている人を直撃するような位置に、ソファーを置くのはよくありません。ドアと窓の近くを避け、ドアの真正面にはならない角に、ソファーを配するとよいでしょう。その際、2つのソファーを対面で配置すると対立を生むため、風水では好ましくありません。L字型のソファのように、おだやかな気の流れを作り出すようなレイアウトを意識したほうがよいです。
ソファーの色も大切です。黒とグレー、そして赤色のソファーは避けてください。黒とグレーは行動力を剥ぎ取り、赤は争いを誘発します。革製やビニール製のソファも、トラブルを引き寄せるとされ、風水では歓迎されません。革やビニール製の場合は、布やファブリックをかけて使うようにしましょう。
また、ひとつのリビングに複数のソファを置く場合、同じ種類のものでないと、人間関係が悪くなります。ひとつの種類でまとめたほうが無難です。

やってはいけないリビング風水

風水では、これだけはリビングでやってはいけないという決まりごとがあります。まずテーブルですが、ガラス製は好ましくありません。ガラスには陰の気がこもりやすいため、活力が失われます。どうしてもガラス製を使いたい場合は、テーブルクロスを使ってガラス面を覆うようにしてください。インテリアとして黒のテーブルを使うケースも増えていますが、黒のテーブルにビニールクロスをかけるのはNGです。風水では黒は水の気をもち、ビニール製のクロスは火の気をもつと考えます。水と火では相性が最悪のため、家庭にトラブルを招きやすくなります。できるだけ、黒のテーブルは避けたほうがよいでしょう。シンプルにウッド調のテーブルを選んだほうが、風水的には運気を上げます。
形も大切で、丸テーブルは気が安定しないため、リビングには適しません。長方形や楕円のテーブルを選ぶようにしましょう。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る