風水とトイレ

トイレ

トイレは昔から不浄の場所として忌み嫌われてきました。風水でもトイレは陰の気が溜まる不浄の場所と考えられており、昔は家のなかにトイレをつくることさえ禁じていたほどです。

今でも田舎にある古い家では、トイレが家の外に設けられていることがあります。風水でトイレが忌み嫌われてきた理由は、トイレのなかには汚水が溜まっているからです。清らかな水は金運をもたらしますが、汚水は邪陰の気に満ち、災厄をもたらすものとして、遠ざけられてきました。

今では水洗になったことで、昔のように汚水が溜まることはないものの、不浄の場所であることになんら変わりはありません。風水ではトイレは健康をつかさどる場所として、重要視されています。家族全員が健康な毎日を送れるように、トイレ風水でトイレの気を整えましょう。

トイレ風水の基本

トイレ風水の基本は、邪陰の気を封印することです。臭気がこもっていたり、暗いトイレには、邪陰の気が喜んで宿ります。なにはともあれ、まずはトイレを清潔に保てるように、徹底的に掃除をしてください。

臭気をしっかり取り除くように、床と便器のスキマ、便器と便座のスキマなどを丁寧に掃除してください。それだけで、臭いは劇的に軽減されます。
トイレは健康運をつかさどりますが、同時に金運とも密接につながっています。昔から「汚れたトイレには金運がない」と言われるほどです。

不純なものや悪い気が溜まりやすいトイレを清潔にしておくことで、金運は自然にアップします。便座もピカピカに磨き上げてください。
消臭系の芳香剤をおくことも、臭気を消すことに役立ちます。ただし、プラスチックの容器のまま置くことは、風水ではNGです。陶器などに差し替えてから置くようにしてください。

トイレに置くとよいもの

トイレにただよう邪陰の気を中和するために、観葉植物を置くと効果的です。トイレ内で木の気が不足すると、喉を痛めたり、精神のバランスを崩しやすくなるといわれています。

観葉植物や木製の小物を、トイレに積極的に置くようにするとよいでしょう。観葉植物の場合、鉢に土が入ることで、土の気が水の気をおさえる働きをします。風水ではこれを「相剋」と呼びます。
トイレ内は、狭い空間に水と金の気をまとうものがあふれており、気のバランスにかなりの偏りが見られる場所です。

便器に流れる水はもちろん水の気をもち、白い便器は金の気をまとっています。便器はほとんどが焼き物を使っていますが、焼き物自体が金の気をもっています。トイレットペーパーホルダーやタオル掛けもほとんどが金属製です。トイレの中は、まさに水と金の気で占領されている状態です。

狭い空間を偏った気が占めるのは、風水では明らかに凶相であり、災厄を呼びかねません。だからこそ、水の気を弱め、木の気や土の気をもたらす観葉植物の存在は、極めて大きいといえます。
トイレの中心から見て、東南の方向に観葉植物を置くと、木の気や土の気のパワーがより増幅されて、金運アップを期待できます。

トイレは明るくが原則

水の気を抑えるために、土の気が有効だったように、金の気を抑えるためには、火の気を増やすことが有効です。そのためには、トレイの明かりをかなり明るいものに取り替えることが効果的です。

照明の明かりは火の気をもっています。トイレをより明るく照らすことで、金の気が中和されて、邪陰の気を打ち払うことができます。暗くなってきた電球は、早めに新品の明るい電球と取り替えるようにしてください。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る