風水とカーテン 青・茶・ベージュ

風水

部屋のなかでも面積が大きく、ひときわ目立つのがカーテンです。ことに窓が大きな部屋であれば、部屋全体のイメージをカーテンが支配することも珍しくありません。

カーテンの色彩が心理学的にもさまざまな影響を与えると、今日ではわかっています。風水においても、カーテンはその部屋のカラーをつかさどる大切な役割を果たしています。

カーテンの色ごとに、風水ではどんな運気と関連があるのか、まとめてみましょう。

青色のカーテンで健康運アップ!

風水では青は、健康運を底上げする力をもつといわれています。最近、「なんとなく体調が悪い」、「疲れやすい」といった症状で悩んでいるのであれば、寝室などのカーテンを青に換えてみるとよいでしょう。

健康運の他にも、青には浄化作用が秘められています。「最近、なんだかツキがないなぁ」と感じているときに、青のカーテンを用いれば、悪いツキが落ちることを期待できます。

また青には、感情を落ち着かせ、物事をクールに客観的に判断させる力があるため、勉強運や仕事運を上げることもできます。子供部屋や書斎のカーテンにも向いている色です。


気の性質をもつ東と南東の方位が、青との相性がよいため、その方位にある窓のカーテンを青にすることで、青のもつ力をさらに高めることができます。


ただし、部屋全体のトーンを青で統一してしまうと、冷たい印象の部屋になりやすく、悪気が忍び込みやすくなります。青と相性の良い茶色やグリーンなどを組み合わせて、部屋をコーディネイトするとよいでしょう。

茶色のカーテンで家庭運安定!

茶色は大地の色であり、土の気を代表する色です。風水では茶色は、あらゆる運気を育ててくれる色としています。母なる大地の象徴です。

心理学では茶色は安定・責任・協調性を表す色とされています。風水でも、土は根を支える土台と考え、茶色に安定の意味をもたせています。

期せずして心理学と風水で、同じ答えに行き着いていることは、興味深いことです。
茶色は土の気をもつ南西の方位との相性が良いため、南西の窓のカーテンを茶色に変えることで、家庭運を長期にわたって安定させる効果を期待できます。

家族が集まるリビングに、おすすめできるカーテンの色です。

ベージュのカーテンですべての運気をアップ!

ベージュは肌色に似た、「薄くて明るい茶色」と表現できる色です。実はベージュは風水では、最強ともいえる万能カラーです。その秘密は、ベージュは金の気と土の気を併せ持っているからです。

金の気は金運をつかさどり、土の気はさまざまな運気を上げる力があるため、ベージュには金運を中心にあらゆる運気をオールマイティでアップするだけの力があります。風水最強は伊達ではありません。

ベージュは人間関係にも良い影響を与え、ベージュを取り込んだ人の格を、確実に上げてくれます。服装にもベージュを積極的に取り入れることで、ビジネス上の交渉が上手く運ぶことを期待できます。


ベージュには特に相性が良い方位はありません。なぜなら、すべての方位との相性が最高だからです。どの方角の窓にベージュのカーテンを合わせるかで、その効果は異なってきます。

北であれば健康運を、南であれば美容運をアップさせる力があります。どの部屋にも合う、まさに万能色のカーテンです。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る