風水では鬼門を避けることが大事です

風水

風水では建物の形も重要になってきます。これは住む家はもちろんの事で勤め先の会社も関係してきます。

風水では基本的にはあまりでこぼことした形は良くありません。また鬼門と呼ばれる北東と南西に出っ張った部分やへこんだ部分がないのが望ましいです。

鬼門には浴室を作ったり水を置かない方がいいと言われますが、建物が変形をしていると雨の流れが悪くなって水が溜まりやすくなります。

これでは雨水に悪い気が溜まってしまいますから鬼門は出来るだけシンプルな形にしたほがいいのです。

また建物の形だけではなくその周りに建っている建物にも注意をしましょう。大きな建物に周りを囲まれているのはあまりよくありません。

そういった場所に家を建てるのは止めて置いたほうがいいです。

風水では鬼門と言う言葉をよく使用しますが、文字のとおりに鬼が出入りする門の事です。

鬼門は方角で示されて風水ではとても嫌われる方角です。鬼門は北東のことを指しまた裏鬼門は南西です。

ですから北東から南西に繋がるラインはとてもデリケートな場所と考えられますのでインテリアや物を置く場合には特に気を使う必要があります。

上にも書いた通りに鬼門では水を避ける必要があります。

ですから鬼門にはお風呂やトイレを作らないのが望ましいのですが、住宅事情を考えると思い通りに行かない場合もありますのでそういう時は出来るだけ綺麗にしておく事で対処できます。

お風呂やトイレは家族全員で綺麗に使うことを心がけて掃除もしっかり行い湯船には水を溜めないようにすることが大事です。

また鬼門には花を置いたり盛り塩をすることで厄をはらう事ができます。家を建てる場合は鬼門の方角をよく確認してから設計を行う事も大切です。

風水では気の流れをとても大切に考えていますので避けた方が良い間取りがあります。

北東や南西は鬼門ですから玄関やお風呂、トイレを作るのは避けましょう。特に玄関は気の出入り口となる重要な場所ですから設計は慎重に行う必要があります。

リビングは側に作ると北風を受けてしまってとても寒いリビングになってしまいます。

リビングは家族が集まる大切な場所なので一番いい場所に作るようにするべきです。風水では鬼門を避けるのがとても重要な事となっています。

風水の知識を全くに持たずに家を作ってしまうと鬼門からの悪影響を受けて家が悪い気で満たされてしまうことにもなりかねません。

そういった家はトラブルが続いたり体調が優れないなどの不都合が起こってしまいます。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ