風水では子供のタイプでも方位が変わってきます

風水

風水では気の流れをコントロールして運気を上げる事ができます。気の流れが悪いと悪い気が家の中に入り込んでしまったり溜まることによって運気が下がってしまいます。

ですから家を立てる場合には風水に基づいて間取りを決める事をお勧めします。

昔は鬼門などを考えて家を建てるのが普通でしたが最近の大工さんはあまり気にせずに立ててしまう事が多いようですので設計段階できっちりと決めておく事が大切です。

鬼門は北東、南西になるのですが西も避けたほうがいい方角になっています。西に風呂を作ると不倫などの家庭のトラブルが起きやすくなってしまいます。

寝室はどの方位でもいいとされているのですが風水的には北が良いです。

北に頭を向けて寝ると磁気の流れの関係で頭がすっきりするようになりますので寝室は北に作ってベッドも北枕になるように配置するのが理想的です。

子供部屋の位置は出来るだけリビングに近い場所にしてすぐに顔が見られる場所にしましょう。あまり子供部屋を遠ざけると子供がリビングに寄り付かなくなってしまいます。

子供も部屋の理想的な方位は北、東、北東、東南と言われています。中でも北が一番子供部屋の方位としては良く受験生などの部屋に最適です。

東は男子向きの方位で東は太陽の昇る方位ですから良いエネルギーが部屋に溜まりますので子供が元気で活発になります。特に長男に向いている方位です。

北東も男子向きの部屋です。東南は女子向きの部屋で穏やかで優しい子供に育つと言われています。人を信頼して従順な子供になります。

このよう風水ではに子供部屋の方位で子供が勉強好きになったりスポーツが得意になると考えられています。

子供の将来のためにも風水で間取りを考えて上げると良いでしょう。次に夫婦の寝室は上にも書いたとおり北が良いです。北の方角は男女の相性を良くしてくれて恋愛運を上げてくれます。

また子供も出来やすくなり、夫婦喧嘩も減るようになります。次に家族が集まってリラックスしたりするリビングは南が良いです。

南は日当たりの良い暖かい部屋になりますので陽の気が満ちた部屋になります。風水で間取りを決める時には住宅事情もありますので風水的に完璧な間取りにするのはとても難しくなってしまいます。

ですからリビングや玄関や寝室などを優先して良い方角にしてその他のトイレや風呂は多少の妥協もする必要が出てきます。

風水では方位が悪いなら悪いなりの対処ほうも用意されていますので色々と調べてみましょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング資格講座Topへ