風水から見た運気アップのための絵の飾り方

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

家のなかを飾るアイテムは数々ありますが、絵画ほど親しまれているアイテムはないといってよいでしょう。風水では部屋のなかをごちゃごちゃした印象でまとめることは、よくないとされています。とはいえ、さっぱりと片付けすぎてあまりに殺風景な部屋にしてしまっても逆効果です。人が快適に暮らしたいと思う部屋づくりをすることが、風水ではもっとも大切です。また、部屋ばかりではなく、階段や廊下にも同じことがいえます。

家のなかで、暖かみのある装飾をしたければ、まずは絵画を壁にかけることを検討してください。運気をアップするための絵画の飾り方について、まとめてみました。

絵画で気の流れをコントロール

風水では家のなかの気を整えるために、観葉植物を使います。植物には空間に漂う悪い気を吸収することで、空間の気を中和する働きがあるからです。一方、絵画は気の流れをコントロールする際に多用されます。絵画を用いることで、気の流れを速くしたり、ゆっくりめにすることが可能だからです。

たとえば、階段や廊下です。階段や廊下は、部屋と部屋をつなぐためになくてはならないものですが、気の通り道としての重要な役割ももっています。廊下を伝わなければ、気は各部屋に満遍なく循環することはできません。廊下の長さにもよりますが、長い廊下の場合、直線が続くために気の流れが速くなりがちです。でも、気の流れは速くなりすぎても困ったことが起きてしまいます。

加速度がついた気は、廊下をまっすぐ通り抜けてしまいます。すると、廊下に面していた部屋のなかに入ることなく、素通りしてしまうことになります。これでは、部屋に気が入ってこないため、その部屋を主に使う人は、新鮮な気を取り込めなくなってしまいます。そればかりか、気の流入が滞ると、その部屋のなかの気は次第に淀み、やがては邪陰の気へと姿を変えてしまいます。こうした事態だけは避ける必要があります。

そこで気の流れがあまり速くならないように、観葉植物を置いたり、絵画を壁に掛けることで調整する必要があるのです。その際、絵画は必ず額に入れるようにしてください。お子さんの描いた絵をピンで壁に留めるようなことは、できるだけ避けた方が無難です。安くても構いませんので、木の額のなかに飾るようにするだけで、風水的にはかなり効果を期待できるようになります。

絵画の飾り方のコツ

絵画の飾り方ですが、基本的には複数の絵画を波線を描くように飾ることで、気の流れをコントロールできるようになります。廊下に飾る際には、壁の両側にそれぞれ波線を描くように掛けるのがベストです。無理して両側に掛けなくても、片側だけでもOKです。階段に掛ける際には、階段の傾きに沿うように波線を描いてください。

なぜ、波線を描くように絵画を配置するのかといえば、気は常に波線のように伝播するからです。風水ではいにしえの時代より、気は波打つように伝わると言っています。これは今日の科学で言うところの波動伝播の基本理論と一致しています。すべてのエネルギーは、波動を描いて伝わります。電波や地震波なども同様です。
最新科学の理論を、風水ではすでに四千年ほど前に先取りしていたことになります。

つまり、波線を描くように絵画を配置することで、気の流れがリズミカルに空間を流れるようになるのです。気が足早に通り過ぎないように制御することにも一役買っています。観葉植物にも同じような働きがありますが、大きめの観葉植物を狭い廊下に置いたり、階段の途中に置くと、案外歩行の邪魔になります。ましてお年寄りがいる家庭では、障害物はできるだけ置かない方が望ましいでしょう。その点、絵画であれば壁に掛けるだけのため、歩行の邪魔になることもありません。地震が起きた際にも、床になにかを置いておくよりは、はるかに安全です。

絵画を規則正しく掛けることで、穏やかな気の流れを作ってみてくださいね。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ