金運に黄色って本当にそうなの風水的に見る黄色の意味

風水に黄色は金運UP

風水では色を重視して方角や動物とともに運気上昇を図ります。

風水上の意味を持つ色は風水色とよばれ、様々な色が風水的意味を持ち、

周囲環境の改善のヒントとされています。

今回は風水色に中でも「黄色」に注目して考えていきます。

黄色といえば連想されるのはもちろん「金運」ですよね!!

黄色の財布は金運上昇の必須アイテムなどいろいろ聞きますが…。

<風水における「黄色」>

黄色は色の仲間でいえば赤やオレンジなどと同じ「暖色」とされる

明るい色とされていますが、風水でもその理論と同じく明るい色という意味が

大きく前に出てくる色です。

しかし風水色の黄色の「明るい」はトーンの「明るい」がもととなっているわけではありません。

黄色は運気のもととなる「気」の種類の中で「土の気」に属します。

ポジティブな考えや楽しいことなどを象徴する色とされ

人間の感性を明るくしてくれるという意味での「明るい色」という分類です。

黄色は基本的にあまり他の色を嫌うという色ではありませんが、

黒などを無理にあわせるのは黒の陰気な運気を吸収してしまったりするので

よくないと考えられます。

黄色に相性が良い色はブラウン・パステルカラーなどや白・金色です。

ブラウンやパステルカラーと黄色の組み合わせは金運の上昇を期待でき、

白や金色に黄色の組み合わせは恋愛運アップにつながってくると考えられています。

ちなみに金運と恋愛運には密接な関係性がありますが、黄色とピンク色の組み合わせが

とてもよいというわけではないようです。

<南西の方位をもつ「黄色」>

黄色は「土の気」に属していますが、土の気は「南西」「北東」

を自身の気の方角とさだめていますので、この2つの方角に黄色のものを置くと良い

とされています。

この「土の気」は金運のもとになる「金の気」をサポートするとかんがえられていますが、

金運=黄色というわけではありません。

黄色はあくまで「土の気」に属す風水色ですので直接的に金運に関係してくる、

というかんがえかたはまちがいです。

しかし金運のもととなる「金の気」は元は実った果実などを宝とし、

その果実はお金のもととなる、果実がなるということ=お金が手に入る、という意味です。

そのため金の気が出来るには土の気が必要(果実がなるには土が必要)となりますので

間接的に金運アップに効果を発揮することは間違いありません。

陶器や自然素材との組み合わせで黄色を取り入れると金運に効果的です。

 

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る