部屋のレイアウトは風水で決めちゃおう! これで運気アップ!

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

最近は女性の間で、風水がもてはやされています。ことに恋愛運を上げる風水術は大人気で、雑誌やテレビなどでも盛んに取り上げられています。でも、風水の視点から、ワンルームの部屋をどうレイアウトすればよいのか、という情報は、案外少ないものです。そこで、運気をアップするための具体的なワンルームのレイアウトについて、まとめてみました。

恋愛と金運を上げるレイアウト術

風水について検索をかけてみると、よく鬼門とか裏鬼門とかいった言葉が出てきます。鬼門は北東、裏鬼門は南西の方角を意味していて、その方向に玄関やトイレ・キッチンがあると、よくないらしいと書かれています。とはいえ、いま住んでいるワンルームが、それに該当していたとしても、そうそう簡単に引っ越しはできませんから、そこは気にすることなくスルーするのもありです。

でも、やっぱり気になるという場合は、ワンルームの北東の方角を、特に念入りに掃除するようにしましょう。北東の方角には、できるだけ物を置かないようにすることがポイントです。物を置けばそれだけ、汚れが発生します。

風水が、北東に置くとよいとすすめているのは、観葉植物です。観葉植物には、鬼門から入ってこようとする負のパワーを弱め、空間のエネルギーを中和させる働きがあります。大きめの観葉植物を北東に置くとよいでしょう。

同じように、裏鬼門にあたる南西の方角にも観葉植物をおいてください。鬼門から入ってきた負のパワーは、裏鬼門から抜けていきます。ところが裏鬼門がなんらかの原因で閉ざされていると、負のパワーは外に出て行くことができないため、室内に留まり、その負のパワーをますます膨張させてしまいます。裏鬼門に観葉植物を配すことで、負のパワーはすんなりと外へ排出されるようになります。

次に、テレビやステレオなど、音が鳴る電化製品などは、東にレイアウトするようにしてください。目覚まし時計なども東の方角に置くのがベストです。音が鳴るものを東に置くと、気の循環がスムーズになり、恋愛運などの運気が上向きます。テレビの隣にも小ぶりの観葉植物を置いておくと、室内の気がより安定します。

ベッドとデスクのレイアウトはどうすればいいの?

ワンルームではベッドが案外目立ちます。ベッドの配置は本来、人が生まれた年度によってラッキーな方角とアンラッキーな方角とがありますが、ワンルームでそれを当てはめようとしても無理があります。ですからワンルームの場合は、恋愛運をはじめ、人との交際運を司る方角である南東にベッドを置くとよいでしょう。南東が無理なら、南でも大丈夫です。

人は寝ている間に、部屋のなかに満ちているエネルギーを吸収して、明日への活力とします。南東にベッドがあることで、南東の気を十分に体内に取り込むことができます。つまり、眠っている間に恋愛運が上向くことになります。南東にベッドがある場合、枕は東向きが最適です。東向きの枕によって、恋愛運が活性化します。

パソコンのテーブルは、北西にレイアウトするのがベストです。北西は仕事運と勉強運を司っています。勉強机も北西の方位が合っています。注意すべきは、座っている際に背中をドアのほうに向けないことです。背中は壁側につけるようにしてください。

北西の方角にパソコンテーブルを置けない場合は、玄関の方角とは真逆の方位にレイアウトするとよいでしょう。風水ではこれを「文昌位」と呼びます。文昌位にデスクをレイアウトすることで、仕事運が上向きます。

風水を使って、理にかなったワンルームのレイアウトを行うことで、恋愛運や金運をはじめ、すべての運気をアップできます。ぜひ、挑戦してみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る