部屋に置く机の配置だけで仕事も勉強もはかどる風水術

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

子供の頃は勉強机、働くようになれば仕事用の机、あるいはパソコンデスクなど、私たちの生活は机と密接に関連しています。風水では、部屋に机を配置する際の机の向きや座る位置によって、仕事運や勉強運に大きな影響が出るとしています。机の配置ひとつで、仕事や勉強のはかどり方がまったく違ってくると、風水では指摘しているからです。いったい、どのような机の配置をすれば、もっとも理にかなっているのでしょうか? 風水の観点から、机の配置についてまとめてみました。

仕事運アップは東向きがベスト

机に向かってみても、なかなか仕事がはかどらないことがあります。その主たる原因のひとつとして、モチベーションの低下があげられます。なぜか、やる気が起きたいことは誰にでもあることです。でもそれが、机の向きにあるとは、なかなか気がつきません。

地球に磁力が働いているからには、私たちは誰もが方位の影響を少なからず受けています。風水ではすでに四千年ほど前から、人の運気が方位によって左右されることに気がつき、それを体系化して理論としてまとめ上げました。

風水によると、仕事運を上げたいときには、東に向けて机を配置することが肝要であるといっています。風水では東の方位は、木の気が支配しているとしています。木といっても樹齢何百年といった古木ではなく、これから成長しようとする若木のエネルギーが、東には満ちています。

東に机を向けることで、この若木の気を存分に取り込めるようになります。これからすくすくと成長しようとする若木のエネルギーを受け取ることで、仕事運もぐんぐん上昇していくことを期待できます。

また東は朝日が昇ってくる方角でもあるため、ひらめきにも恵まれた方位とされています。机を東に向けることで、今までにない斬新なアイデアがひらめくことは、よくあることです。モチベーションについても、まったく問題ありません。若木の気を取り込むことで、やる気もどんどん増していきます。

仕事運を上げたいときには、迷わず東向きに机を配置しましょう。

学業成績を上げたいなら北向きがベスト

机の配置は、用途によってベストの向きが異なってきます。仕事運を上げたいときには東向きですが、子供さんの学業成績を上げたいときや、なにかの資格試験に向けて勉強をする際の机の向きは、北向きが最適です。

風水では北の方位は、水の気が司るとしています。北に向けて机を配置することで、水の気を十分に取り込めるようになります。水の気には頭を冷やし、集中力を高める働きがあります。そのため、無理なく自然に集中して勉強できる環境が整えられるため、学習もはかどり、結果として学業成績も上がり、資格試験に受かる可能性もぐんと高めることができます。

さらに風水では、目の前に窓があるような机の配置は避けるようにいっています。目の前に窓があると、窓から入ってきた気が直撃するため、悪い気の影響を受けやすくなってしまいます。明かりがとれるため、窓に向けて机を配置することは多い傾向にありますが、普通に心理学の面から考察してみても、窓があるとその分意識が窓の外に向かうため、集中力が削がれるのは避けようがありません。
集中して勉強するためには、目の前に窓が来ないように、机を配置してください。

机の向きによって、仕事も勉強も、そのはかどり方に雲泥の差が出てきます。風水を活用して、ベストな机の向きを探してみてくださいね。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る