運気をアップできる理想の間取りとは? 風水による間取り診断

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

これから家を建てる際には、間取りをどうするべきか悩みますよね。なにを基準に間取りを決めるのかは人それぞれですが、近年、急激に増えているのは、風水に基づく理想的な間取りに近づけようとする動きです。風水はなにかにつけ、このところ注目されています。風水とは、「気」というエネルギーの法則を理論として体系化した環境学です。風水はおよそ四千年前の中国で生まれ、千五百年ほど前に日本にもたらされました。
日本の地で風水は独自の発展を遂げ、現在では本場の中国とはかなり異なる日本風水として、確立しています。日本風水は住宅の間取りについて、吉相と凶相を定めています。風水は占いではなく、一つの学問です。その証拠に風水の吉相と凶相の多くは、現代の科学から見て極めて正しいことが、実証されています。

では、運気をアップできる風水の理想の間取りとは、どのようなものでしょうか? 

理想の間取りの考え方

風水では気の流れを重視します。風水の観点から、理想的な間取りをひとことで表せば、良い気が家の隅々まで流れる間取り、になります。気の流れは、水の流れとよく似ています。水は流れているからこそ清らかですが、水の流れがせき止められてしまうと、すぐに淀み、やがては腐ってしまいます。気の流れを考える際にも、まったく同じことが当てはまります。

気は流れるからこそ清浄を保っていられます。ところが、家のなかに気の流れをせき止めてしまうなにかがあると、気は淀み、やがては厄災をもたらす邪陰の気へと姿を変えてしまいます。だからこそ、間取りを考えるときには、気の流れを常に意識する必要があります。

気が家のなかをまんべんなく循環するためには、まずは建物の形が大切になります。気がもっともスムーズに流れるのは、四角形か円形の建築物です。普通に考えてても、コの字形や不規則な形の住居では、空気の流れが悪くなります。奇をてらった複雑な形状の住居は避け、シンプルに四角形か円形の住居をにするのが、風水的にはベストです。もっとも一般的住居で円形はまずありえないでしょうから、四角形を基本とすることになります。

ただし、土地の形状や周囲の環境によっては、不規則な形の住居の方が、気の循環を招きやすい場合もあります。そのあたりは専門の風水師に相談するよりありません。一般的に、長方形か正方形の建物が、風水的には理想の形状になります。

気を清浄に保つための間取りとは

風水でもっとも良い気とされるのは旺気と呼ばれる気です。旺気は玄関を通してしか、家のなかに取り込むことができません。そのため、玄関は風水で最重要の場所とされています。玄関から入ってきた旺気が家のなかをまんべんなく流れるためには、玄関から二つの方向に旺気が流れていく間取りがベストです。

この際、気をつけるべきことは、せっかく入ってきた旺気を逃がさないようにすることです。たとえば玄関の真正面に窓があると、旺気は真っ直ぐ突き進み、窓から外へ出てしまいます。同じく、玄関の正面に階段があると、旺気は一階を回ることなく、すぐに二階へ抜けてしまいます。これでは旺気が家のなか全体に流れないため、運気は上向きません。
玄関から入った気が、二つの方向から家のなかを巡るような間取りを優先させてください。

さらに、絶対に避けなくてはいけないことは、玄関とトイレを近くに配置することです。トイレは家のなかで、邪陰の気が一番溜まりやすい場所です。トイレと玄関が近くにあると、玄関から入ってきた旺気などの良い気が邪陰の気に汚染されて、気の働きが低下してしまいます。トイレと玄関はできるだけ離す間取りにしたほうがよいでしょう。

他にも細かな制約はいろいろありますが、理想の間取りについての風水の考え方を知ることは、とても大切です。基本がわかれば、さまざまな応用も可能になります。風水の知恵を活用して、ぜひ理想の間取りを実現してくださいね。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る