赤色って風水ではいいの、悪いの? 赤色で幸せになる方法

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

赤色と言えば、「情熱の赤」を思い浮かべる方も多いことでしょう。赤い薔薇、太陽の色、炎の色、あるいは血液など、赤色には情熱的なイメージがつきまといます。心理学的には、人を興奮させる色として知られています。スペインの闘牛も、赤い布を見ることで興奮し、挑みかかってきます。では、風水では赤色を、どんなふうに見ているのでしょうか? 風水の観点から、赤色を活用して幸せになる方法について、まとめてみました。

赤色は火の気の色

風水では赤色は、火の気の色として知られています。赤色が象徴するのは、燃え上がる炎です。火の気には、物事の勢いを強めてくれる働きがあります。その意味では、情熱の赤というイメージは、風水の視点からも間違ってはいません。

火の気を活用するシーンとしては、モチベーションを上げたいときが考えられます。なにかをしなければいけないのに、なんとなくやる気が出ないときには、赤色の出番です。赤が目立つ洋服や、赤い下着を身につけることで、赤のもつ火の気が、あなたのモチベーションをきっと上げてくれることでしょう。

さらに、物事の勢いを強めてくれる赤色を活用するのに適しているのは、なんらかの勝負をするときです。大事な会議があって、自分の意見をなんとしても押し通したい、この商談だけは絶対にまとめたい、この試験だけはなんとしても合格したい、大好きなあの人を今夜こそ振り向かせたい等々、ここ一番の勝負の時には、赤色のパワーを借りるとよいでしょう。

ことに効果が高いのは、肌身に直接ふれる下着です。赤い下着を着けることで、勝負強さが備わるようになります。男性とて例外ではありません。昔から日本男児は、ここ一番の勝負の時には、赤いふんどしを締めて臨みました。

赤色を身につけるだけで勝負運がアップするはずがない、と思うかもしれませんが、ある有名な心理学の実験があります。同じ実力どうしの二人をボクシングで戦わせる際、赤いトランクスと青いトランクスに分けて統計をとったところ、赤いトランクスを身につけた方が、明らかに勝率が高いというデータが残っています。

その理由として、赤色を身につけることで人は少なからず興奮し、闘争心が高まるためと分析されています。医学的に見ても赤色は、視覚によって人を興奮させる作用があり、その結果として身体の基礎代謝が上がるため、スポーツで良い成績を残しやすくなると言われています。
そのため、赤色を利用することで、ダイエット効果も狙えるとされています。

一見すると非科学的に思える風水の教えですが、現代の科学から考察しても、きちんとした理があることが多々あります。赤色が勝負運を上げるという風水の言説も、そのひとつです。

赤色を使いすぎると、諍いが起きる

物事の勢いを強めてくれるのが赤色のパワーですが、他の色とは異なり、あまりにも赤色を使いすぎたり、使う場所を間違えたりすると、かえって災厄を招く傾向が強くなります。それだけ赤色は、取り扱いが難しい色といえます。

たとえば財布に赤色を取り入れると、風水では凶を招くとされています。財布に赤を合わせると、財布にお金が入ってくる勢いを強めるのではなく、逆に財布からお金が出ていく勢いが増してしまうからです。散財が続くことで、金運が下がってしまいます。

また、赤い色のインテリアを多用し過ぎると、そこで暮らす家族の関係がぎくしゃくするとされています。赤色のもつ火の気が人を刺激することで、夫婦喧嘩や親子喧嘩など、諍いが絶えない家庭になってしまうからです。

モチベーションアップのためにインテリアとして赤を取り入れる場合は、ワンポイントとして使う方が賢明です。

人気の通信教育はこちら

暮らしを豊かにする風水の知識。
風水資格

風水セラピスト
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

風水資料 風水

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る